管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

メン5とブラ4

日曜日は演奏会鑑賞。普段からお付き合いのある荒川区民交響楽団さんの定期演奏会を聞きに行ってきました。よく考えたら、このオケの定期公演を聴くのってはじめてなのかな。

演目:F.メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
    J.ブラームス 交響曲第4番

ドイツ・ロマン派のダブルシンフォニーのプログラム。メンデルスゾーンの5番って、タイトルだけ知ってたけど、曲を聴くのは初めてな曲。対してブラームスの4番は、ブラームスの交響曲のなかでも1番好きな曲。学生時代に取り組んだ思い出の曲でもあるんだよね。若かったなああのころ・・・・(遠い目)

さてさて、曲はメンデルスゾーンから。どちらかというとこじんまりとした清潔感のある演奏。こういう曲なのかな?メンデルスゾーンというと繊細なメロディとガラス細工のような透明なオーケストレーションが大好きなのだけど。オケの音が全体的に硬いような気がしたなあ。これも解釈なのかしらん。

 そんな疑問を抱きながら後半のブラームス。やっぱり音が硬い。ブラームスの最後のシンフォニー。季節で言えば晩秋のイメージがある曲で「枯れた美」とか言われるが、その中にはすごく秘められた情熱があると個人的には思ってる曲なの。だけど今回は全体的に音量を抑えた演奏(指揮者の解釈なんだろうけど)なのかな。特に1楽章は音の硬さにくわえて全体的にpとfのレンジの差がすごく少なくなってしまい、結果のっぺらぼうな印象の薄い演奏になってしまっていたのが残念。2楽章の中盤以降からだんだんと音に伸びが出てきていたが。

 惜しいことに、曲の随所にアンサンブルの乱れが散見される。特にチェロは縦がしっかりあってない部分が多いので、弾けてはいても全体的にもやついた印象が残っちゃってたなあ。ヴァイオリンも同じような印象。身内の贔屓目かもしれないが、ヴィオラはよかったっす(特に2楽章のDはすごくハーモニーがきれいだった!)。木管も各パートのソロはとてもすばらしい(FlとClのソロには感動!)のだけど、重奏になると部品部品になってしまってるのね。

あと、これは100%指揮者のT氏の解釈というか音楽観が原因だってのはわかってるんだけど。やっぱりティンパニ音小さいですよ~。(←奏者のN澤さんはうちのオケのティンパニストで、すばらしい名手です)

アンコールはたぶんだけどブラームスのハンガリー舞曲の1ピース。ここで一気にオケの音が大変身っす。厚みがあって芯がしっかりしたすばらしいサウンド。これがこのオケが本来持ってる音なんだろうな。

ともあれ、関係者の皆さんお疲れ様でした!
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-25 23:05 | 音楽

からだがちがち

万年肩こりの持ち主なボクですこんばんみ。

定期的に整体へは通っているんですが、この時期はどうしても肩こりや腰の痛みが辛い。先週から頭痛がするほど肩こりがひどかったので、いつもお願いしている整体へゴー。担当してもらってる整体師さんはボクがアマチュアのオケマンであることも知っている。「弦楽器やる人って面白い凝り方しますよね」なんていわれたりする。某コンサートホールが近いこともあって、プロオケ奏者も結構きたりするらしい。

さて、体を触ってもらってすぐに整体師さんが「・・・何かハードな演奏会でもされましたか・・・?」って。

整体師いわく
「もう、肩は両肩とも石が入ってるみたいだし、腰はこぶみたい。腕の筋肉は針金を束ねたみたいになってますよ~。ただでさえ、筋肉が少ない体質なんだから余計辛いでしょうねえ。マーラーですか?チャイコフスキーですかあ?」








いや、ドラクエです。 間違いなく。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-21 22:52 | 雑談

ジュリーニの「マラ1」

以前、今回の亀オケの本番指揮者・S先生に「先生が好きなマラ1のCD」というのを聞いてみた。前回の定演の打ち上げでも、S先生からは「マラ1はいろんなCDを聞いてほしい」って話ががあったんだよね。そこで、先生のお勧めを聞いてみた次第。

先生から即座に「弦セクションがとても美しいんです」というコメントとともに出たのがこれ。

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮/シカゴ交響楽団(1971年の録音)です。

ジュリーニはS先生が大好きなマエストロというのは知っていたけどオケがシカゴSOというのはちょっと意外。ボクが今まで聞いた勝手なイメージだけど、アメリカのオケってすごく輝かしいけど、ちょっとサウンドが硬質だなって思ってたの。そんな中で本日ようやく鑑賞。

全体的にものすごくやわらかいサウンドの演奏で、あまりアメリカのオケな感じがしない。特に弦はふくよかな響きがする演奏です。テンポは全体的に遅めなのかな。あまりテンポを揺らすことで強調をしたりしてないの。むしろ音のバランスで仕掛けてきたりとかあって、面白い。
今までは同じシカゴSOでもショルティ指揮のほうを聞いてきていたので、その差の違いも面白いです。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-18 01:28 | 音楽

セクション練習

今日のオケはコンマスによる弦セクション練習。今期のセクション練習はほとんどメインのマーラーだけになるんだろうな。今日は1楽章と2楽章をほぼ全部ピックアップしての練習。

今日はトレーナーを入れない練習だったけど、シーズン初期にこういう団員だけの練習をするってすごい大事な機会だと思う。分奏レッスンって本当に大事だけど、ただ単にトレーナーを入れればいいってわけじゃないんだなって。レッスンに臨むにはそれなりの準備が必要でそれがあってはじめてレッスンが成り立つ。

1楽章。冒頭のフラジオやっぱり1stポジションのほうがいいんですかねえ。ボクはどーも音が安定しないような気がして好きじゃないんだけど、とりあえずはこれでやってみようかな。

全体的にゆっくりめなテンポでやってくれたので助かった・・。

あと、オレってばボウイングに変な癖がついてる。この前のイベントのときも思ったけど、fをだそうとしても芯のある音がでないし、音がウルフになりがちになっている。練習前にちょっとボウイングチェックをしたら、案の定。普段から意識して直さなきゃな。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-18 00:13 | 音楽

合奏の「幸せ」

3連休はオケの練習があったり、非公式合宿に行ったりといろいろしてましたが、日記では3連休の最後のことを。9月に行った「ドラクエ」音楽を演奏するイベントに再度参加してきました。(本当は3度目なんだけど、2回目は参加できなかった)

ちなみに、この日も全曲ソロパート(←要するに1人弾き)でした。そんなもんさ、うん。

本日のお題は、4の組曲を中心に5曲ほど。以下、各曲ごとの状況というか感想。

1.序曲
お約束の序曲です。これは組曲ごとにオーケストレーションが違うらしく、以前やったものとは別のバージョン。ひたすら3連符で伴奏していくだけなんだけど、弦全体でユニゾンなのでまとまると結構な迫力になります。これでアンサンブルがしっかりするとすごいかっこいいんだろうな。管楽器のメロディも違って聞こえるので楽しい。

2.メヌエット(4)
お城の音楽です。このシリーズ、どのバージョンもお城についてはかなり古典音楽を意識して書かれていて、この曲は弦楽だけの編成。構成もトリオを含んだきわめて古典的なもの。ヴィオラはそれほど難しくはないが、1箇所だけト音記号とハ音記号が交互に書かれてる部分があって、これにはちょっと混乱。おかげではずさなくていいところではずしちまったぜ。ちっ。

3.町メドレー(4)
この曲、唯一弦セクションでヴィオラだけがメロディを弾くところがある曲なのよね。この作曲者、メロディを歌わせる楽器にけっこうな偏愛があるみたい。オーボエやホルンが恋人なら、ヴィオラは通行人レベルだな(自爆)
 それはそれとして、途中のカジノやコロシアムあたりは、音程が微妙にとりにくく、音をいくつもはずした・・・。

4.戦闘(4)
今回の曲の中では一番技術的に難しいもの。それでもヴィオラはヴァイオリンに比べれば楽させてもらえてるが・・・。冒頭はとにかく疲れます。右腕に乳酸たまっていくのがわかるもんね。この曲の中盤以降になると、完全に響きが前衛音楽になります(それでもロマンと美しさを兼ね備えてるあたりはすごいと思うが)。後半部分は不規則に臨時記号があるので、さらっていても弾きにく意部分も多い。特に最後のコーダは何調ですかこれといいたくなるような♯と♭の数。(譜面が細かくないのが助かった・・・)

5.フィナーレ(4)
これは、ヴィオラ的にはそれほどでもない(ヴァイオリンは大変だと思うが・・・)。メロディもオブリガードも適度にあります。今回はスコアにくわえてゲームで流れるバージョンを演奏。この部分は曲を覚えられなくて、参考音源だけ。


・・・しっかし、疲れたよなあ。前回もそうだったけど、普通のオケの3倍の体力使うのよ。このオケの合奏って。音に対するエネルギーが普通とは違うし。出ている音もほぼ初見でやってるから音程もリズムもすっごい乱れてるんだけど、サウンドに「幸せ」を感じるの。ああ、この合奏に参加している人、音出しているとき最高に幸せなんだなあって。僕もその1人だったんだけどね。

そんなことを感じながら、宴会では騒いで終電ギリで帰ってきましたとさ。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-13 23:45 | 音楽

お風邪召しませ

・・・ったく、新年早々風邪ひいてしまったい。ボクの場合、風邪を引くと長引くことが多いので、「ヤバイ」って思ったら早々に対応することにしてます。

会社から帰ってきてご飯食べて早々にベッドにもぐりこんで・・・・ここまではよかったんですが、ついついテレビを見てしまっただよ。しかも2時間ドラマ「悪魔の手毬唄」。

横溝正史の代表作のひとつで、金田一ものです。あ、もちろんはじめじゃなくてじっちゃんのほうね。原作も読んでいるし、以前にも別バージョンで見ているので犯人もトリックも知ってる。だけどあの独特の雰囲気がどーも好きで(怖いんだけどね)見ちゃう。

だが、だが。。。(以下ネタばれ注意)











ご○ーちゃんにこの役似合わんと思うのはボクだけ?

どうも、この稲垣吾郎が演じる金田一が好きになれないのだよね。(やっぱり石坂浩二がいいよなあ)なんつーか、さわやかすぎるの。帽子かぶって風呂はいってみたりとか、頭かきむしる例の癖とかがどーもいちいち、「オレかっこいい」を強調してるような気がしていまひとつ共感できない。

それに乗じてか、コミカルな場面が多すぎるし、あの横溝作品特有の泥ついた人間関係からくる不気味さも薄れてしまった感じ。里子役の柴本幸だけは十分怖かったが・・・。CGを多用してるのか、つくりものっぽさが前面に出てしまってそれもなんかあの独特の世界観を壊しているような。


それから、これだけは、これだけは言わせておくれ。



犯人役の某女優さん、もっといいキャスティングできなかったんですか?
アレはない。マジであれはない。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-06 20:31 | 雑談

お弾き初めの儀

お弾き初めの儀を執り行ったであるぞ。おお民よ、パンがなければケ(以下省略)!

・・・本年初めての個人練習。弾けるときに少しでも弾いておかなくちゃ。

ボウイング数種類と音階練習をいくつかした上で、今日のメニューはこんなかんじ。

・マーラーの1番「巨人」
 来週から練習だから少しでも・・・って思って、4楽章の前半部分を中心に。まだまだインテンポでは無理があるけど。

・イベントの曲
 今月ある合奏イベントの予習を4曲。譜面づらはヴィオラは決して難しくない。が。。。思ったより苦戦。音の並びがなんか不規則なところがちらほらあって、音程も取りにくいところもけっこう多かったりする。フレージングもいかようにも取れるので、前述のマーラーよりも指使いを考えるのに時間を使ってしまっただよ。とりあえず、一通りは音にしたので、あとは弾きにくいところを練習するのみかな。

・ソロ曲
 今年はレッスンにはつけないまでもなんかソロを1曲仕上げたいなあ・・・と身の丈にあわない野望を抱いています。一応、この曲・・・とは考えていますが。とりあえずなんとなく弾いてみた程度です。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-03 21:02 | 音楽

新年あけまして'2009

さて、2009年がスタートしましたな。全世界1000万人の民草読者はいかがお過ごしか。こちらは、新年のバルコニーの儀式から宮殿晩餐会まで大変多忙であるぞ。おお、パンがなければケーキをお食べ!


・・・はい、久しぶりに心穏やかに新年を迎えております。

みなさんは、新年をどのように迎えるのでしょうか。初詣に行くとか、親戚の家を訪ねるとか、新年早々おデートしてあーれーよいではないか~とかでしょうか。ボクは基本的に「引きこもり」派です。ためてしまった本を読んだりDVDみたりCD聞いたりゲームしたりしています。

年越しは、録画しておいたVTRを鑑賞。蔵王に行っている間に放映されていた「篤姫」の総集編を一気に見まくりました。ああ、やっぱり泣けます。将軍と御台所の純愛シーンなんてべったべたなんだけど、何度見ても号泣。その後も総集編にもかかわらずボク的号泣ポイントを抑えてくれて、大満足。今年の大河はどうするかいまから悩みどころです。

今読んでいる本。今はミステリを2点だけ。
・二階堂黎人「吸血の家」(講談社文庫)
・島田荘司「占星術殺人事件」(講談社文庫)

ゲームは久々に「逆転裁判」シリーズをやっています。


こんな引きこもり生活。でもそれなりに楽しいです。
[PR]
by cipher0708 | 2009-01-02 19:14 | 日常