管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日のオケはコンマスけんちゃんによる弦分奏練習。マイスターと軍隊の3.4楽章をみっちりとやりました。いつも思うんだけど、分奏のときって練習に来る人が少ない。場合によってはトレーナーを呼んでいることもあるし、こういう分奏練習でやったことをメンバーで共有するのってとっても大事だと思う。個人個人で事情があるのは承知なのだが、こういう練習って大事なんだよね。マイスターも時間をかけてみっちりと特訓。だいぶクリアーになってきたし、曲のポイントというか、つぼも見えてきました。軍隊はやっぱり楽しいです。ハイドン・モーツァルトみたいなものにじっくりと取り組む楽しさを実感。難しいけどな。

練習終了後は、びよらパートのメンツでびよら会。土壇場になって仕事になってこれなくなってしまったパートリーダー嬢以外はほぼ全員参加。場所はいつもの亀戸ではなくて、お隣の町の錦糸町。南口の前にできたおしゃれビルの中にある、

「ベルサイユの豚」

という豚肉料理のお店に行ってきました。いや、前からその存在は知っていました。錦糸町今はほぼ毎日行くしな。ですが、世田谷在住のパートリーダー嬢が「コンナお店見つけたの~」と嬉々として言って来た(←顔に「美味しいネタみっけた」と書いてあった)時、よっしゃ、オレがネタにしてやる!とね。普段オレのブログをより香り高く(?)している例のあのセリフ、というかタイトル。当然わかるように18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットの言葉です。その時代の宮廷恋愛からフランス革命の史実を基にした不朽の名作「ベルサイユのばら」は文庫でボクの本棚にあります。いや本当におもしろいのよ。

結論、その「ベルばら」の世界を可能な限り忠実にかつパロディックにしたお店でした。一見の価値ありです。

エレベータでフロアに上がり、まず最初に出迎えてくれるのが。



e0007093_12367.jpg


ど~~ん!

18世紀のフランス王室において贅沢の限りを尽くしたルイ16世妃、マリー・アントワネットの肖像画です。いや本当に見上げるくらいの大きさなのよ。横にいる小さな女の子は、ルイ16世との第1王女、マリー・テレーズと推測。店の名前にちなんでなのか、なぜかアントワネット妃がブタさんを抱いています。このブタさん、名前はオスカルです。当然どこかにアンドレさんもいらっしゃるんでしょうねえ。。。

そして、お店に入ったときの掛け声。普通だったら「いらっしゃいませ」とかでしょ。ここは違うの。





セレブリティ様、ご来店です!

店員が一切に放つこの声を聞いたとき、アドレナリンの分泌がわかったぞ。思わず腰に手を当てて叫びそうになったわ、このブログのタイトル(笑)。って、こんなんでアドレナリン出るほどテンションあがるのか、お前は。しかも叫ぶなって。

さてさて、席に着きます。今回はコースの飲み放題なので、注文する必要はないのだが、メニューブックを開けてみる。なんてったってベルぶた(←勝手に省略)なので、豚肉料理が多いのだけど、その次にあるのがカクテルメニュー。カクテルは飲み放題の対象外なので、注文できなかったんだけど、このオリジナルカクテルの名前が面白い。

「アントワネット」  (まあ、基本だよね)

「薔薇の憂鬱」  (うん、ありそう)

「王妃の首飾り」 (かの首飾り事件のダイヤの首飾りでしょうか)

「革命前夜」  (浪費の限りを尽くした時代でしょうね)

「フェルゼンの涙」 (アントワネットの愛人といわれたフェルゼン将軍か?)

「永遠に美しく」 (やはり永遠は「とわ」と読ませるのでしょう)

間違いない、この店のプロデュースをしたやつは絶対にベルばらおたくだ!このカクテル、無条件に飲んでみたいもんな。特に最後のヤツ。

そしてそして、こんなものにも細工がしてありました。

e0007093_1585934.jpg


「御用の際にはこちらを押してください」とあるようにこれ、個室から店員さんを呼ぶときに使うベル。ベルに薔薇とオスカルぶた。細部まで手が抜かれてません。すごいです。

・・・・って店についての感動(?)を延々と書いている場合じゃなかった。肝心の宴会ですが、びよらーずがしっかり集まって、びよらくさい楽しい宴会でした。びよらーずの最若手、Aちゃんの意外な顔やオケ曲のびよらポイント、楽器のサイズにまで話が及び、こゆーい宴会でした。お料理も、豚さん料理がほとんどでしたが非常に美味しくてリーズナブル。

はまりそうです、このお店(笑)
[PR]
by cipher0708 | 2008-02-24 02:07 | 音楽
この日は、地元仲間と「高級中華を食する会」。みなの共通の知り合いであるN氏がコックさんとして働いている「維新号」新宿店に行ってきました。高級料理といえばサイファ、サイファといえば高級料理と言われるに(←言われてねーよ)ふさわしいお店でございます。パンがなければケーキをお食べ!

さて、ここからがお料理の数々です。本格的なコース料理で前菜から盛りだくさん。
e0007093_0144411.jpge0007093_0161449.jpge0007093_0162762.jpg

左:前菜のお料理。棒々鳥ときゅうりの中国風漬物。あとはここから隠れてるけど、金華ハムもたっぷりと盛り合わせされています。鳥は独特の塩だれで頂きますが、コレがやわらかくてコクがあって大変な美味!
中央:海老のお料理。白いのは海老マヨネーズでオレンジ色のはフリッター。マヨネーズがドウ工夫してあるのか、あっさりとしていてしかもまろやか。フリッターはぴりりと辛くて香ばしいお味。
右:野菜料理。青梗菜とかぼちゃを蒸してその上に肉みそを載せてある。野菜の甘さが引き立つ美味しさ。

さあ、このお料理自慢はまだまだ続きますよ~。

e0007093_0255625.jpge0007093_0261048.jpge0007093_0262584.jpg

左:白身魚の揚げ物。揚げ物に岩のりをトッピングしていただくのだが、この岩のりと魚の揚げ物の相性がこれまた絶品なんです!。
中央:ホタテとイカと野菜の炒め物。さっぱりとした中にも深い味が。
右:デザートのムース。ベリーちゃんたちの素材の甘みがとても調和しています。

コレだけの料理(このほかにも点心があった)に紹興酒やお茶を頂いてこの値段・・・ありえません。Nさん、本当にどうもありがとう!!

ココロもおなかも満たされたわれわれ4人。さて帰ろうかというところですが、腹ごなしにちょっと歩きたい。そこでメンバーのM氏が提案したのが「都会のオトコの肝試し」。具体的に言うならば

新宿○丁目(←任意の数字を代入せよ)散策。

新宿2丁目というところがどういうところなのか、僕も認識していましたよ。だけど、危ないところではないので、軽くOK。前の会社では外国人のスタッフも一杯いて、そういう方たちも結構いたのでその辺はリベラルなんですよ。ボクは。

ですが、やっぱり緊張します。昔は女性になりたい男性が一杯いたと思うんですが、今はどこから見ても普通のサラリーマンや若者が多い。20代と50代の男性同士のカップルがそこかしこにいるのを見たときはさすがにちょっとびっくり。やっぱり外国人の方たちも多くて、外国人専門のオープンパブみたいなお店もありました。だけど、この寒い2月に客の半数以上がタンクトップだけでいる。寒くないのか、おい。

同行者の3人はちょっとビビッてたようすだったのが笑えました。
[PR]
by cipher0708 | 2008-02-23 03:47 | ちょっとした出来事

譜面の細工

今日は、ふっと思い立って譜面の細工をしていました。今オケで練習しているベートーベンの交響曲第5番の「運命」

 オーケストラのパート譜というのは、けっこう奏者のためにいろいろな工夫をしてあるのですが、その代表的なものが「めくり」です。ちゃんとした出版社が出しているパート譜は、ページをめくるのに都合がいいように見開きの一番右下部分はまとまった休みが来るように調整してあるんですね。もちろん、都合が悪いこともありますので、そういう時は奏者がいろいろ工夫します。たとえば、前のページの一部を次のページに貼り付けたりとか。

 さてさて、今回の運命。今回亀オケで使用するのは、ドイツのBreitkopf社のもの。新しく校訂しなおした版を使用しています。ところがところが。このめくりの仕掛けに1箇所だけどうしても納得いかないところがあるんですわ。場所は1楽章。268小節目で楽譜をめくるようになっているんですが、ここは有名なオーボエのカデンツァが入るめっちゃ重要なところなんですわ。伴奏も一切なしで、1本のオーボエだけが自由に美しいメロディを奏でる場所。(←オーボエ奏者は全曲中40%くらいの力をここだけに持ってくると勝手に推測)

そんなところで前にいるヴィオラ軍団がちょこまか動いてがさがさ譜面をめくる。

邪魔です。うざいですね。

視覚的にもみっともないし、雑音を出します。

世の楽譜業者の皆様は、こんなところにもちょっと神経を使ってほしいなあ・・・というのは僕のわがままでしょうか。
[PR]
by cipher0708 | 2008-02-21 18:56 | 音楽

Vは横から見ればXに!

見える気がしなくもないことを最近発見。

巷では、バレンタインの商戦が繰り広げられておりますね。義理チョコから本命チョコまで、ありとあらゆるチョコレートが出回っている今日この頃。ボクはチョコはちょこっともらいたい人なので、あまりわくわく感や興味を持っていない人です。強がりぢゃないですよ本当ですよ。


バレンタインデー。英語で書くとSt.Valentine’s day。

ちょっと強引に略せば「Vデー」ですな。



さあ、ここでタイトルが絡みますよ。



このVデー、見る方向を変えればなんとなんと






Xデーに見える!






おお、なんと言う発想の転換!これぞポジティブシンキング!


これからの2月14日は、Xデーとしようぞ!パンがなければケーキをお食べ!




強がりじゃないですよ。ほんとうですよ・・・・・。たぶん。。。
[PR]
by cipher0708 | 2008-02-12 21:49 | 雑談

飲酒運転

【江東区選出の都議会議員 飲酒運転で辞職】

僕の住んでる江東区選出の民主党都議会議員が飲酒運転で書類送検されたそうな。今日民主党を離党して、議員も辞職した。

地元選出の議員がこのご時勢、こんなことやってるとがっかりしますなあ。まあ、ボクはこの人に投票したことは一度もないんですがね。若手議員のやんちゃでは通らんでしょう。飲酒運転に関しては特に厳しくなっている今日この頃、市民の模範足るべき議員さんがやって許されることではないのかな。

彼自身は若手なのだが、いわゆる「2世議員」。そのためかこの人の名前は江東区では影響力があるようです。こいつのオヤジは、元江東区選出の衆議院議員で、外務大臣まで務めたことのある人。今でこそ引退していますが、常に強いものに付くというポリシーで、なんと在職期間中に10回近く党や会派を変えて渡り歩いたつわものです。「下町のケネディ家」というあだ名まで地元ではささやかれていた。

余談ですが、カメオケもできた当時、このオヤジの横槍が入って演奏会に影響がでたことがあるとかないとか(当時はまだ行政とのつながりが強かったのよね)。
[PR]
by cipher0708 | 2008-02-12 21:18

寒い夜のこと

寒かった昨日の夜。寒さが苦手なボクは、ロングコートに大きなマフラーで口元まで隠して外の用事を済ませて帰宅。自宅マンションのエレベーターホールに到着すると、ほっと一息。

そこには同じマンションに住んでる若い女性が。ホールに張ってある張り紙を見ながらエレベーターを待っていました。すると、その女性、振り返ったとたん逃げるように階段をあがって行ってしまうではないですか。自他共に認める妄想族のボク、「あら、こんなボクに恋の予感を感じて恥じらってるのね♪」などと、死ぬほど自己中心的な想像が頭をよぎりましたが、



「注意!」
○月×日、当マンションのエレベーターホールに変質者が現れ、○○○○(←自主規制)な行為をするという事件が起こりました。男性は30歳ほどで、ロングコートとマフラーを着用しており、住民の皆さんにはいっそうの注意をお願いいたします。



















オレじゃねーぞ!>住人
[PR]
by cipher0708 | 2008-02-01 13:48 | 雑談