管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

舞台には魔物が住む

なんていう言葉がありますが。

カメオケ第27回の定期演奏会が無事に終わりました。関係者の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。またご来場いただいた皆さんにも心からの感謝です♪

当日レポートを時系列に。
朝、ぎりぎりまで寝る。「○様のブランチ」を見ながらごろごろまったり。
支度をして家を出るが、荷物が重い・・・。楽器+衣装+その他もろもろで、なんか身動きがとりにくい。チャリンコ移動なので、荷物が載らない・・・・男性の衣装は重いわかさばるわでたいへんですわ。

 ホールにはちょっと早めに着いたので、まったりとすごす。あ、夕ご飯買い忘れた!ということで、コンビニへ走る。

ホールが開いて、セッティング開始。今回はオーケストラピットを上げて、舞台を広めに使うことにした。指揮者の先生もセッティングに立ち会ってくださる。コレは問題なく終了。むしろ挟み込みをしている受付セッティング隊が大変だったみたい。時間内には終わったみたいだけど。

ステリハ。
時間が限られていることもあり、普通はそれぞれをランスルーしてさっくり終わるはず・・・なんだけど、今日の指揮者、前プロからかなり細かく調整していく。時間も押してしまい、ステリハ終了時点で開場15分前。ロビーコンサートのセッティングとか、何もできていない。ひえー。ということで、受付に行くとフロントスタッフも準備完了していて、ロビーコンサートのセッティングだけで済んだ。ティアラの職員も「いつ終わるんだろう・・・」って心配していたみたい。そして外を見ると・・・。


すごい行列


開場前に並ぶというのはよくあるけど、すでに敷地からはみ出しそうな勢いで並んでいます。オンタイムで開場して、開場10分で前回の動員数を余裕でオーバー。それでもお客さんは絶え間なく来てくださる。最終的にはオケ単独では過去最高の850人(ひょっとしたらもっとか?)を達成しました。

 #当オケの観客動員最高記録は20回のオペラ「カルメン」(2日目)で924人。だけど、コレはオケというよりもキャストの方たちの力。過去にもコレに近い数字はあったけど、プログラムにコンチェルトがあって、ソリストの集客がかなり大きかったのです。

さて、本番。
前プロのオネーギンは比較的うまくいった感じ。

ですが、魔物さんの登場はここからなのです。
中プロのくるみ割り人形。もう百鬼夜行です。細かい事故は普段の合奏よりかなり多かった。けど、音のまとまりは本番が一番よかったぞ。

あと、個人的にうれしかったのが「チェレスタ」の効果。「こんぺいとうの踊り」で使うチェレスタを今回はヴィオラの真後ろに置いたの(ヴィオラのYさんが持ち替えるので)。これが、音がすごくよく響いてソロ楽器としての存在感をばっちり出すことができた。やったぜ★

メインの悲愴は、あんまりよく覚えていない(←おいっ!)ただ、何度も練習した冒頭のAllegroは本番うまくいったみたい(って指揮者がいってた)。ここでも魔物さんは健在で、あちこちいろんな事故はあったの。正直これも練習より事故多かった。だけど、本番の一体感はすごくよかったな。うまくいえないけど、本番でしか出せない音色があったように思いますわ。

その分アンコールの「アンダンテ・カンタービレ」がよかったみたい。コンマスけんちゃんのソロは絶品でした。

打ち上げは盛り上がった・・・・何人いたんだろう。びよらーずにもエキストラのきゅーちゃんにかつおくんが戻ってきてくれて、次回は13人でやるのか?おおっ。
[PR]
by cipher0708 | 2007-12-09 20:57 | 音楽

演奏会宣伝 その2

ボクが所属しているオーケストラの演奏会です。あと1ヶ月きったので、そろそろ宣伝しておきますね。

江東シティオーケストラ 第27回定期演奏会

日時:2007年 12月8日(土) 17:30開場 18:00開演
会場:ティアラこうとう 大ホール(都営新宿線・半蔵門線住吉駅より徒歩5分)
曲目:オール・チャイコフスキープログラム
    P.I.チャイコフスキー
    歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりワルツとポロネーズ
    「くるみ割り人形」組曲
    交響曲第6番「悲愴」
指揮:佐藤 宏充
入場無料

最近うちのオケでよくやる1人の作曲家を中心的に取り上げるプログラムです。
特に「くるみ割り人形」と「悲愴」はチャイコフスキーの最晩年の作品で、彼を語る上では欠かせない重要な曲。また3曲とも「あ、これ聞いたことある!」な曲ですので、クラシックファンでない方にも楽しんでいただけるプログラムと思います。
[PR]
by cipher0708 | 2007-12-08 18:00 | 音楽

ピンクゴールド?

僕たちが使う楽器って大体木製か金属製ですよね。
たとえば、ヴァイオリンなどの弦楽器は、大体木製。ラッパやトロンボーン、ホルンなんかの金管楽器は金属製ですわ。

木管楽器なんかは大体木製(たまにプラスチックのもあるみたいだが・・・)ですが、唯一の例外がフルートさん。大体銀製か金メッキがしてあるみたいです。フラウト・トラベルソみたいに木製のもあるみたいだけどね。見たことないっす。

何気なくネットサーフィンしていたら、ぐーぜん発見。こんなものがあるんですねえ。







ピンクゴールドのフルート・・・


よくみると、確かにフルートの管がピンク色です。右の写真の頭部管なんてすごい。
遠くから見ると、やっぱりそこだけピンク色に輝くんでしょうか。やっぱり音色もピンクな感じがするんでしょうか。

金のフルートってよくあります。ボクの所属オケでも持っている人いるし。でもコレはただの金ではなくて、



桃金。

↑漢字にすると結構なインパクトですわ。

うちのオケで金のフルートを持っている人は「ゴールディ氏」と呼ばれています。かの大フルーティスト、ジェームス・ゴールウェイと掛けているのかな?でもこのピンクゴールドのフルートをもっていたら、




「ピンキー」


と呼ばれるのは間違いないですな。ちょっとかっこ悪いぞ。


余談ですが、銀座の某○野楽器で、○千万円というフルートを見たことあります。大学生のときに店頭に飾ってあったのを見たのですが、

・管体すべて総24金・キーはプラチナ
・頭部管にはルビー、キーにすべてダイヤモンドが埋まっている。

「バブリー」と命名するのが適当かと。


当然、オブジェなんだろうが、実用に耐えうるのかが知りたいところです。
[PR]
by cipher0708 | 2007-12-06 00:00 | 雑談
朝起きると、両親がキッチンで騒がしい。うちは両親ともに下町(それもかなりコアなエリア)出身なので、何かあるといつも声がでかいのだが。キッチンに行くと冷蔵庫の食材を出しまくってあたりは食材の山。朝から冷蔵庫でも掃除してるのかと思ったら、

「いきなり冷蔵庫が成仏しちゃったのよ~

要するにいきなり壊れたってことかいね。見ると冷蔵庫は空気を出しているのだが、まったく冷たくない。昨日の夜に壊れたのか、約半日常温で放置されていたので、すでに冷凍室のものは溶けてしまっている。それ以前に家電に「成仏」って・・・ああ悲惨。

そんな中でも両親はのんきに
父「コレは4年前にハワイで買ってきた冷凍スモークサーモン、こんなところにあったのか」
母「このマスタード、賞味期限が1999年だわ。20世紀からあったのね~」

ここは化石発掘現場か。つか、4年前の生ものや8年前の調味料とっとくな。>親

そんな両親を尻目に、ボクはオケの練習へ。今日は本番前最後のゲネプロです。
墨田社会福祉会館へ。いつも練習会場じゃないので、レンタルの打楽器がずらり。人も入りきらないくらいぎゅーぎゅーに詰まっています。さすがにゲネプロなので、1曲ごとに通してからダメだしをしていく形になります。前プロのオネーギンはワルツを中心に返していく。くるみ割り人形は、意外なところで「中国の踊り」。組曲の題名は「Danse Chinoise」だけど、全曲版では「La tea」とお茶の精の踊りという。フルートが大活躍のこの曲、指揮者の「あまり渋いお茶にならないで」には爆笑。
 悲愴は全楽章通してから楽章のポイントを返す。1楽章はヴィオラのパートソロからはじまるAllegroから第2主題までが決まればあとは大丈夫なのかな。だけどここの部分が一番難しくて怖いんだけど。3楽章は頭だけ。指揮者いわく「指先で熱々のホットプレートをさわるようなテンポ感で」という言葉は言いえて妙ですね。

練習を終えて、家に帰るとどうやら両親は新しい冷蔵庫を買ったらしい。母親が近所のヤ○ダ電気へ駆け込んだとのこと。モノを安く買うことにかけては達人ともいえるうちの母。仲のいいババ友達集団(←周りに「極悪同盟」と呼ばれている)の親類がその電気店の社員であることを突き止めており、そのババ友達とともに来店。セール品を通常の値引きに加え、ポイントと社員販売を組み合わせるという離れ業をババ友達と駆使し、なんと5万円も割り引かせたらしい。

さすが、恥じらいや遠慮という言葉とは無縁の下町のおばちゃん。

ただ、ちょっと心配なのはね・・・・と母。


サイズ測らないで買ったから、スペースに入るかしら・・・・

入んなかったらどーするつもりなのだろうか。


いくらキャプテン翼並みの11人抜きドリブル&オーバーヘッドキックを華麗に決めて、結果オフサイドの判定待ちみたいなもんだぞ。


さすがわが母。息子と同じで詰めが甘い。
[PR]
by cipher0708 | 2007-12-02 01:23