管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北欧の音楽

本日は、青山フィルOB・OGオケの本番。場所もティアラなので楽チン♪
なによりも、ティアラで「基本的に何もしないでいい」ってのがうれしいです。(ホールのスタッフに「今日はエキストラなの?」と声かけられるのもどうかと思うが・・・)勝手知ったるホームグラウンドなので安心できます。

ステリハは通して要所要所を返す方式で。特に体力を使う曲が多いので。
さて、ご飯を食べていよいよ本番!

1曲目:A・ボロディン 歌劇「イーゴリ公」序曲
イーゴリ公というと「だったん人の踊り」が有名だけど、これはオペラ全体の序曲。といっても、作曲者のボロディンは、全体のスケッチだけを残したにすぎず、実際のオーケストレーションなんかはグラズノフの手によるものだ。個人的にはあまり好きでない曲ではあるんだけど、プログラムの先手としてはうってつけの曲。本番も、若干金管のアンサンブルがうまくいかないところがあったが、なかなかいい仕上がりになったと思う。

2曲目:E・グリーグ 組曲「ペール・ギュント」第1組曲
イプセンの戯曲を題材にした有名な曲・・・なんだけど、これ、僕の中では「聞くのは大好きだけど、弾くのは嫌い」な曲の大関クラスにランクインされてるんです。だって、難しいんだもん。
美しいハーモニーとメロディに彩られている曲だけど、弾き手にとっては結構な緊張感を強いられます。特に最も有名な「朝」は、グリーグらしい淡い色彩のハーモニーが本当に美しいんだけど、ヴィオラはもうハイポジション&音程とりにくいがすべて。これも大きな事故がなく、終了。

(しっかし、本番に強いな・・・・このオケ)

メイン:P・I・チャイコフスキー 交響曲第4番
 チャイコ様の交響曲6曲のうちで、最も多く演奏している曲。数えてみたら・・・5回目か。
ステリハまでは、全楽章を通してテンポが遅く、アーティキュレーションのレンジも少ないのっぺらぼうな解釈で、正直不満だったの。ステリハを聞いていた某氏も「こんなに緊張感のないチャイ4は初めて聞いた」といってたくらい。

アマオケの演奏が「本番化ける」というのはままあることだが、これは化けましたな。

全体的に重いテンポ設定だけど、それがステリハのようなのっぺらぼうにならずに、しっかりチャイコ様特有の「土臭さ」があったように思う。もちろん、アーティキュレーションはもっとあったほうがいいし、アンサンブルが崩れたりとかの技術的な難点はもちろんあった。だけど、解釈の個性として伝わるものがしっかりあった演奏だったように思う。
なによりも金管セクション(特にトランペットパート)がすばらしかった!金管楽器にとってはきつい曲であるんだろうけど、最後まで輝きを失わずに吹ききったのは脱帽。

うちあげにもしっかりおじゃま。よっぱらった亀団員さん、大丈夫だったかな・・・。
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-22 22:26

いた~い。

腰が痛いです。いわゆるぎっくり腰じゃないのでちゃんと動けますが・・・・
ぎっくり腰といえば、僕が使っている広告代理店のKさん、ぎっくり腰で動けないとわざわざ自宅からアポのキャンセル入れてきましたが、だいじょうぶでしょうか。。。

土曜日はオケをお休みしたんだけど、日曜日の青フィルの練習がつらかった・・・。
うずくような感じで痛みます。

「座ってるし、重いもん持ってるわけじゃないから腰は楽でしょ~」とかいわれるんですけど、結構な誤解です。

オケで弦楽器を弾くというのは、非常に腰に負担がかかります。
楽器を構えるだけで体をひねるような感じになりますし、やっぱり踏ん張るんですよ。
僕の前教わっていた先生も、腰のメンテナンスでよく整体に通ってたそうですが、マーラー・ブルックナー・チャイコフスキーをやった後に整体にいくと「山登りでもしたんですか?」と聞かれてしまうそうな。

コレを書いているだんかいでもう痛いです。
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-15 22:36

The Phantom of the Opera

いわずと知れた「オペラ座の怪人」。

先日の本番からなんか妙に後を引き、DVDを買ってきて早速自宅で鑑賞。

冒頭のパイプオルガンのテーマ♪ジャーーーーン、ジャジャジャジャジャーーーーン♪あたりからすごいテンションアップ。映画を見るのにコレほどわくわくしたのは久しぶり。
そんなわけで鑑賞終了。

率直な感想ですが、いや、本当に音楽がすばらしい!ミュージカル映画なので、そのナンバーを使っているわけだが、冒頭のタイトルから次々と歌われるナンバーがどれもかっこよくて美しい!クリスティーヌが歌う"Think of me"や"Angel of Music"、ファントムの"The Phantom of the Opera"や、劇中劇の"The Point of No Return"などなど、どれもこれも名曲のナンバーぞろい。ものによっては、きわめて高い歌唱力を必要とするものもあるとおもうんだけど、これらを歌うファントム、クリスティーヌ、ラウルの主役3キャストは吹き替えなしで歌っている(!)。

その中でも、クリスティーヌ役のエミー・ロッサム(当時17歳)がすばらしかった。清潔な声で純粋な役どころを演じているのがステキです。男性陣はというと、ラウルを演じたパトリック・ウィルソンもはまり役で、クリスティーヌとのデュエットもすばらしい。

さて、肝心のファントム役を演じたジェラルド・バトラー。オペラのような美しい旋律のなかで1人ロックのシャウトを駆使していたが、これも激しいファントムの役どころにはしっかりはまっている。3人の中ではいわゆる僕が聞きなれている歌い方には一番遠いんだけど、ラウルよりもひきつけられたところが多かった。でも、ひとつだけ。言ってもしょうがないし意味もないんだけど。


ファントムってあんなイケメンじゃないだろう(笑)


醜い顔をもち、地獄の炎に身を焼きながらそれでも天国を夢見るというのがファントムの役どころ。少年時代の悲惨なエピソードも導入されてはいたが、いくら醜い部分を仮面で隠していたとしても、半分出ている素顔に少なくても100人の女が惚れるぞ。あのファントム。

そのせいかなあ。この映画、ゴシックホラー的な要素もあるけど、基本的にはラブストーリーでしょ。金田一少年だったかな、原作をモチーフにした話で、「地獄の業火に焼かれながら、それでも天国に憧れる」ってセリフがあったの。今回の映画ではそういうテーマを感じながらも、「ちょっとキ○ガイ交えた三角関係」が全面に押し出されていたような感が否めなかったことも事実(ファンの方がいたらごめんなさい・・・)。

ですが、とにかく音楽のすばらしさと映画の構成には脱帽!
思い余って、サントラまで買ってしまってよかったって感じです。
 
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-10 00:14

オケと葬式と本番とオケ

土曜日と日曜日をまとめてにっきにしてしまおう。

土曜日はいつものとおり亀なオケ。びよらのスーパールーキーだったかつおくんがなんと転勤になってしまったのだ。岡山に行ってしまうとのことで寂しい限りだ・・・。
次回本番指揮者の佐藤先生の指導で、ブルックナー。

指揮者っていろいろタイプがあるんだけど、佐藤先生はどっちかというと理詰め派(と個人的に思う)。交通整理ができてない部分の処理を主にされるが、的確な指導でずいぶんきれいになっている。本日は練習参加者も多かったので、非常に効果のある練習だったんじゃないかな。
個人的には、楽器の調子がいまいちで音が鳴ってくれない。4楽章の後半は、指が難しいため、これも拍車をかけて調子を落としてしまったのがいまいち。

この日の練習は、前半だけで抜け。叔父が亡くなったため、そのお通夜に向かう。
うちは、父母ともに5人兄弟であるため、親戚が非常に多い。この叔父は母の妹の配偶者であるため直接的に血のつながりはないのだが、大変にお世話になった方だ。

享年65歳。オヤジより若くして亡くなった。ご冥福をお祈りいたします。


さて翌日はこの叔父の告別式の後、急いで行徳へ向かう。
市響ジュニアオーケストラの本番があるので。今回はいわゆるファミリーコンサート。
告別式のため、ぶっつけ本番。てか、関係者の皆さんすみません。。。
クラシックから、映画音楽まで幅広いプログラム。実は僕、こういうの大好きなんですよね。
特に映画・ミュージカルの音楽ってなんか無条件に楽しくなってしまって。今回演奏したのは
「ジュラシック・パーク」と「オペラ座の怪人」。特にオペラ座の怪人はDVDを見たくなってしまって・・・。早速買いに行くとしようかな。

こういうときにお約束なのが「指揮者コーナー」今回は小さな子供さんがメインで、非常に面白かった。


本番後、すぐに行徳から代々木上原へ。再来週に本番のある青山フィルハーモニーOB・OGオーケストラの練習へ。プログラム順に全曲通して。

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」序曲
グリーグ:「ペール・ギュント」第1組曲
チャイコフスキー:交響曲第4番

どっかのオケでおんなじプログラムやってないか?とか言う突っ込みはなしで。

何回かやってるけど、怖いんだよ、「ペール・ギュント」って曲。
有名な曲でよく取り上げられるんだけど、「オケの基礎的能力がすべてばればれになる試金石」なんだよねえ。コレ。今回は第1組曲だけだけど、ハーモニーの感覚やメロディの歌い方、アンサンブルの力がすべて出ちゃうから。

本番2週間前・・・ということだけど、本当?というのが正直なところ。(ま、ひとのこととやかく言えませんが・・・)
あと、正直曲の解釈(特にテンポ設定)がどうもね。。。。というのがあるのだよ。特にメインのチャイ4ですが、これでもかってくらいもっさりしてる。チャイコの特徴である「土臭さ」の表現を狙ってるとは思いたいが、これではまったく的外れ。


こちらも本番まであとすこし。がんばろう。
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-09 00:45

会社休んで・・・

昨日の夜から、すごい腹痛。
いや、久しぶりにやばかったっす。本日は会社お休みです。
・・・医者の話では、ストレスによる神経性胃炎と便秘

今回は後者のほうだったらしく。「ストレスたまってるの~?」と医者。

セクハラどころかへたすりゃ人権問題にまでなりかねない要求突きつけるお役人様とか、ミスと責任という言葉を極端に恐れてわけわかんない言い訳してくる某お役所様とか、英文書類見たとたんフリーズする翻訳者とかを最近相手にしてますが何か?


とは言わずに、本日休養。

ブライアン・フリーマントル「ホームズ2世のロシア秘録」(新潮文庫)

を1日中読んでおりました。
シャーロック・ホームズの息子・セバスチャンが英国政府の密命を受けて、革命前夜のサンクトペテルブルグでスパイ活動。もちろん遠く離れたロンドンからは、オヤジのシャーロックやワトソン博士、伯父のマイクロフトなどがいろんな応援をしてます。いわゆる「シャーロキアン」な方々には受け入れられないだろうな・・・という感じですね。シャーロック・ホームズの人物像がドイルの原作とまったく違うので。僕としては、このシャーロック・ホームズ像はけっこう好きだし、これはこれでありかなと。全体としては楽しめましたが、シリーズものの第2作めなので、1作目を読んでみないと面白さは半減かも。
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-03 18:42 | 読書
カメオケチェロのぺちこちゃんからご指名いただきました。

民草よ、知らせてあげてもよくってよ!


・・・・さて、はじめましょうか。

1.このバトンをまわす6人
いきなり次のご指名か。んじゃ、とりあえず。

 ・marugen氏
 ・えつを嬢
 ・miyama嬢
 ・はるみさま
 ・tmy嬢
 ・Phiro Vanceくん

2.お名前は?
ここでは「サイファ」。某SNSでは、「なりー・あんとわねっと」です。
サイファは僕と同姓の漫画家の作品名から取りました。
もうひとつは、僕の前世(笑)から持ってきています。ええ、前世は断頭台の露と消えたのでございますことよ。このブログのタイトルから見てもわかりますわな。

3.おいくつですか?

ハタチでございますことよ。文句あっか。
・・・・はい、今年大台に乗りました。

4.ご職業は?

 気ままなセレブリティ。パンがなければケーキをお食べ!

えっと、人材派遣業(別名:人身売買業)のコーディネーターです。
客にも、面談者にもステキな方が多くて苦労ばっかりです。そのうちネタにします。

5.ご趣味は?

読書:ほぼ毎日読んでます。活字中毒なんです。
音楽:最近のめりこめません・・・・いろいろあって。

最近はまってるのが、電車の中吊り研究。
「NIKITA」や「LEON」などの造語センスを研究するのがマイブーム。

6.好きな異性のタイプは?

セレブなかた。六本木ヒルズで僕と勝負!(なんのこっちゃ)

 はっきりしている人。言葉とかでも竹を割ったようにきっぱりしている人が好き。
でも、最近思った。好きになったらその人がタイプなんだなって。

7.特技は?

浪費。

・・・あながち外れてもいないが、肩こりに効くマッサージが得意です。
いろんなところから「ゴッドハンド」といわれるまでになりました。

8.資格何か持ってますか?

基本情報処理技術者・教員免許。

9.何か悩み事がありますか?

いっぱいありすぎます。助けて。

10.好きな人はいますか?

・・・・うーん、今は特に。あんまり惚れっぽいほうじゃないのでね。

11.アナタが愛する方へ一言。
 
 もっとあたたかくみまもってください。お願いです。

12.このバトンを6名の方へ指名すると同時にその方の紹介を。

 marugen氏:切れもの。おせわになります。
 えつを嬢:オヤヂ系お嬢様。いつもありがとう。
 miyama嬢:この僕が「キャラ負け」したただ1人のお方。次は負けなくってよ!
 はるみ様:永遠の20歳。いつもお世話になります。今度またのみに行きましょう!
 tmy嬢:元気なFL奏者。見習いたいその楽観主義。
 Philo Vanceくん:ペダンティックなオーボエ奏者
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-01 01:59