管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オケ→飲み

土曜日の日記を書くのは久しぶり。

今日のカメオケは、なんと1年前に本指揮をされた柳沢先生の登場。
1年ぶりにお会いした先生。

体重15キロ減。(←本人談)

もともと背が高く、体重も恰幅がよい人だったので、指揮台に立つと威圧感十分だった先生。
それがなんとものすごく細くなってしまって・・・

そんなに東欧の生活って過酷なんでしょうか・・・・

練習はブルックナーの4楽章を中心に。4楽章はこの曲の中でテクニカルにもフィジカルにも最も難しい楽章。本番指揮者小林先生の練習を直前にして、この楽章をあの先生特有の細かさでやってもらえたのは非常に有意義でした。ただし僕は最後まで参加できずに途中で練習を中座。

今日は会社の外人スタッフを招いての慰労会があり、渋谷へゴー。つか、人多すぎ。
ただでさえ人の多いところはあまり得意ではない僕にはちょっとカルチャーショック。

支社のスタッフ4人と、外人スタッフ10名が集まって宴会開始。普段はまじめに仕事してもらってるんですが、休日の私服となると、個性でますね。

なんてったって10人中8人が







腕に模様を彫ってます。

もんもん率80%。かなりの高確率だろ、これ。
(そのうち、ひじより下に入ってるのが3人)

みなさんすさまじい勢いで飲み食いされます。なんてったって会社の金だしな。
会話も仕事の話から、プライベートな話まで。

「最初に覚えた日本語のフレーズは何?」って質問に、






キミにめろめろ

とこたえてくれたCさん。ちょっと惚れました。その死語っぷりに。

意外だったのが、外人さんみんな日本の政治に詳しいこと。「コイズミはまだいいよ」「モ○は最悪。太りすぎ」「ハ○モト死んでGood Job」「ヤスクニ行くのはダメね」などなど。「一番いいと思ったのはホソカワね!」といわれて日本人の僕はわかりませんでした。(細川護熙首相のことだと気づかなかった)

 酔っ払ってくると、みんなテンションあがってきます。そうするとオープンな方々のこと。ほとんどが男性だったこともあって、下ネタに話がうつってきます。

そのものズバリの英単語を連発したり、「1人じゃ寂しいよ~、やりたいよ~」と叫んでみたり。
その気持ちはオレにもわからなくもないが、

路上で叫ぶのはやめなさい。


でも、みなさん本当にいい人たちで楽しく過ごせたのが1番の収穫。公用語が英語の飲み会だったので、なかなかうまく話すことができなかったけど。僕は直接の仕事として関わることはない人たちだけど、折に触れて応援したいなって心から思いました。

タトゥー彫っててもいいです。下ネタ連発で、路上で叫んだりしてもいいです。

がんばってほしいです。実績も信頼も作ってくれている方たちです。彼らの仕事である




学校の先生として。
[PR]
by cipher0708 | 2006-07-30 02:08 | 音楽

仕事ネタ3連発

今週の派遣面談。いろいろバラエティに富んでおりました。

1.くどいオトコ
 ヘルプデスクでの案件。Cさん(男性)が応募してきました。ウェブでの自己紹介書をみて、
まずは合格。早速面談の日程を決めます。電話してセットアップ。水曜日の午後2時に決め無事終了し、さて次の仕事・・・と思っていたところ、電話が。さきほどのCさんです。

C:ちょっと聞きたいんですが、面接は水曜日でよろしかったでしょうか?
はい、そのとおりですよ。よろしくお願いしますね。

ここまではまだよかったの。しかし、このCさん、1時間ごとに確認の電話をしてくる。以下、やり取り。

C:面接は2時でしたか?
「さっき言っただろうが」とは言わずに、そのとおりですと返事します。

さらに1時間後。C(←もう呼び捨て)から電話。
「面談は東京湾のオフィスですか?」

アンタを海に沈めてもいいんだよ。(←サイファ心の声)

さらに1(以下略)
「面談は午後ですよね・・?」


よし、午前2時に東京湾の海底にスーツで集合とする!。
オレは行かないけどな


ここまで確認して当日。ばっくれました。まあ、よくあることだ。しかしこのCは面談予定時間1時間後に、



まだ募集してますか?


電話の背後にゲーセンのBGMが聞こえてました。


2.拒否するおなご
ある官庁での案件。一般事務ですがコンピューターを使用するため、ワードとエクセルのスキルチェックをしなければなりません。そのために、僕が問題を作りそのスキルチェックに備えています。
応募者Eさん。事務の経験はないとのことですが、「ワードは上級(目次機能が使える)、エクセルも関数が扱えますので、大丈夫です!」とのこと。さっそく面談セッティング。面談でもスキルアピールをやたらにするのが気になりましたが、とりあえず採用の方向にしようと思いました。「それでは実際にPCを操作してのスキルチェックを行います」と言った瞬間。




それは困ります!



なぜ困るのだ。


3.(自称)国際弁護士
 5月末に応募してきたFさん。弁護士を目指して勉強中とのことで、派遣での雇用を希望。
W大学→T大大学院と進学し、現在司法試験の1次には合格済みとのこと。採用したんですが、派遣前日になり

急遽、アメリカのロースクールに招かれたので、やっぱりやめますと電話が入りました。


うそだ。絶対にうそだ。

おかげで、お客様には平謝りをする始末。そのときはすぐに別な人が入れられたのでその話は済んだのですが、今週にはいって、別な案件でお誘いの電話を入れてみました。本人の言葉を信じるなら、今頃はアメリカのロースクールに行っているはず。ですが、電話に出たお母さんの反応は

「はい、少々お待ちください」



ロースクールビンゴォ!



ロースクールはどうしたのだろうか。その後、やっぱり「今はいません」と回答が。伝言だけお願いして電話を切りました。

翌日、「ご案内した仕事はお断りいたします」と

お母さんから電話がありました。


コイツのコードネームは、「冬彦弁護士」に決定。
[PR]
by cipher0708 | 2006-07-23 00:43

渡る世間は・・・・

無事30代になりました。といっても、別に状況は変わるわけではなく。

相変わらず仕事してます。

以前から問題になっていた訴訟大好きキャッツアイも最近なりを潜めました。
日曜夜9時に開く法律相談所に並んでいるともっぱらのうわさですが。

さて、僕の仕事はコーディネーター。だけど、零細企業なので、コーディネート以外にもいろんな仕事があります。最近増えてきた仕事のひとつが「営業」。本社(名古屋)がアポイントを取り、そこへ「派遣社員や翻訳仕事いりまへんか~?」とやってるわけです。

本日のヒロイン・Bさん。本社でテレホンアポイントをやってもらっている方です。

Bさんはパートのおばちゃんですが、社長以外の人間には非常に高圧的。
「アタシの後ろには社長がいるのよ」と我が物顔です。




そのせいもあってか、テレホンアポインターの仕事をしているのに電話でのビジネスマナーをまったく守れないという致命的な欠陥を持っています。敬語の使い方が違うとか、お客様への対応を知らないとかのレベルじゃありません。

ある日の僕とBさんのやりとり。

サ:「はい、○○株式会社でございます」
「あのね、○○っていう会社が人材ほしいからすぐ人を探して入れなさい、よろしく。」

・・・・いろいろあるけどさ。まず






誰だ、キミは。




電話かけたら名乗りなさい。

まあ、そこらへんは100歩譲ったとしても、Bさんは手当たり次第に電話をかけます。万事↑のような調子で。営業行ってもまずこのアポイントでクレームが来る始末なんですね。当然仕事はもらえません。

規制緩和で、どこにビジネスチャンスが転がっているかわからないというのはあるんですが、このBさんは



同業他社に営業アポいれます。



人材派遣会社に「派遣社員いりまへんか~?」とはいえません。


またBさんにはお断りの言葉が理解できません。
アポイントを元に尋ねても「お断りしましたが」といわれます。それもかなりの確率で。


日程の入れ方もかなりめちゃくちゃです(これは仕方がない部分がありますが。名古屋の人ですし)

10:00 千葉県春日部市 ○○社 
10:30 目黒区 ○○社

オレにはルーラの呪文は使えん。



こんなことが相次いでも、やっぱり同じ会社の仲間です。僕も言葉を選んで神経を使って「お願い」という形でBさんに改善を依頼しました。しかし、返ってきた言葉は一言。




「給料分くらい働いてくれないと困るわよ!」




繰り返します。Bさんはパートのおばちゃんです。
[PR]
by cipher0708 | 2006-07-15 23:27 | 雑談

OOdai

昨日、誕生日を迎えてしまいました。
とうとう二十代さようならです。ビバ☆おっさんってな心境ですな。

そんな週末・どうしたかといいますと。

金曜日。普通に仕事してました。すいません、某将軍様のせいで、なんか仕事がめんどくさくなってます。ミサイル7発がこんな場末の人材派遣会社にまで影響するとは思うまい。

いろいろ追加の日程が入ってきて、ちょっとキレ気味。

やかましい!向こうが将軍様ならこちとら女王様じゃ!
パンがなければケーキをお食べ!


思わず叫びそうになりましたがな。
そんなおかげで、誕生日前日の食事はダブルチーズバーガーセットでした。


当日は、オケの練習。おのふじせんせいの弦セクション練習。
やっぱり先生のレッスンは楽しい。モーツァルトの集中練習だったけど、多様なイメージを使いながら、すいすいと進む。だいぶ整理できてきたような感じかな。特に、悪いイメージのところは
ユーモアを交えた表現ながらもポイントをしっかりついていく。さすが小野先生。
練習後は管セクションのK先生も交えて宴会。同い年・同じ誕生日のMくみちゃんもあわせてお祝いしてもらった。Mくみちゃんは、今回団内結婚をして、シアワセ満点。

そのシアワセ、ちょっとでいいから分けておくれ。


帰りがけ、団長&運営委員長&びよらの首席からプレゼントをもらいました。
わくわくしながらあけてみると・・・・




絶句。フリーズ。




なぜ?なぜ?







なぜにキャミソールが?




ちゃんと着てみたけどな。ハダカの上に。

その結果。
コレくれた人の日記に「自爆テロ」とかきましたが



ほとんどテポドンに近い爆弾でした。

30歳の誕生日、自分で自分に恐怖した一日。

>おくってくれた3人へ。
着た写真も取ったけど、送るのやめました。
そのくらい強烈。送ったら「嫌がらせ」じゃすまないので。いや、マジで。
[PR]
by cipher0708 | 2006-07-09 23:26

訴えてやる!②

一連のAさん騒動。レベルが高いんだか低いんだかわからない騒動だが、とりあえずは本社に投げることになりました。

ところがAさん、またまたやらかしてくれます。

Aさんがいる現場は、基本的に週末はお休みです。
ところが、GWのある1日、Aさんが出勤しているんです。当然この現場はお休みの日。
現場責任者から「Aさんがありえない日に出勤しているがどういうことか」と問い合わせも。
こちらとしては、出勤の指示も出していないし、現場も出勤指示を出していない。

だけど、Aさんのタイムカードには出勤時間と退勤時間が明確に打刻。


つまり。

Aさん、出勤命令がない日に勝手に出勤して、給料取ってることになります。

それ以前に、どうやって入ったのかがわかりませんが。・・・・

#この現場は、セキュリティチェックが厳しく、部外者は絶対に立ち入りできない仕組みになっているんです。そこの派遣スタッフは、現場責任者の了解なくして決まった日以外に入れない。

キャッツアイか、アンタ。


そしてAさん、6月中に自分の要求を改善できなかった場合、法的措置を取るとお得意の内容証明郵便で宣告してまいりました。

中身を見ると、どう読んでも内容に一貫性がない。要するにツッコミどころ満載。
前回の内容に加えて、パソコンを使用したことによる視力低下のため、手術が必要であるとか、新しい情報も加えられている。素人の僕が読んでも、こんな内容で法的手段がとれるはずはないと思う内容です。


しかしAさん。この内容とまったく同じものを


派遣スタッフの仲間に配ってばら撒いているみたいです。
[PR]
by cipher0708 | 2006-07-02 23:12

訴えてやる!①

すっかり放置プレイ化しているこのブログ。

悪気はないんです。体調もほぼよくなりました。
ただ、家のPCに向かう気がしなくってね・・・・。20代最後の1週間がブルーで仕方ありません。
ああ、もう大台・・・

さて、本題。
タイトルみてびっくりしました?別に、僕がだれかを訴えるとかぢゃないですよ。本当ですよ。

今日のヒロインはうちの派遣社員さんのお話。
Aさん(仮名)20代女性の方です。

Aさんは、ある現場で週3日程度でお仕事をしていただいています。出勤もまじめで、シフトも守るんですが、こまったことに
めるへんめーかーならぬ

トラブルメーカーなんです。

気に入らないことがあると食って掛かり、一度など他のスタッフさん相手に廊下に響き渡るほどの大声で怒鳴り散らしてくれたらしい。しかもその内容たるや

「ワタシに対する陰謀です!」(←都合悪いと必ずこのセリフを言うらしい)
「名誉毀損です!」(などなど、小難しい言葉で他人をののしりまくるらしい)
おまけにこの職場、部屋の前の通路をVIPが通ることもあります。そんなところに「陰謀」だの「名誉毀損」だの大声でののしられた日にゃあ・・・






ほとんどテロです。会社の信用丸つぶれ。

現場の指揮官からはクレームの嵐・他のスタッフさんも困り果てて「Aさんを何とかしてください!」と涙ながらの訴え。仕方なく、担当のIさんは週3日の勤務を週2日に減らし、新たに1名投入することにしました。

ところがAさん。コレに激怒。
いや、契約がどうこう言ってくるんならいいんです。ですが、このAさん自分の態度が原因でみんなが迷惑していることには
「みんな、ワタシを陥れるための陰謀です!名誉毀損行為です!」

なんでやねん。

シフトの件については「今月はクレジットカードでパソコンを買っているので、週3回ないと困ります!ワタシの経済状況はそういう状態(←カードで買い物したこと)ですので、なんとしても週3回以上入れていただきます!他の人がどう言おうと、ワタシの契約を中心に考えて調整していただくことがコーディネーターさんの仕事でしょう!」


知らんがな。アンタの買い物状況なんて。


新たに人を入れることについては
「派遣法三十二条第二項に基づき、ワタシは自分の権利を守るために新しい人の投入を断固拒否いたします!」


・・・条文の意味、わかってます?
(この法律は、派遣雇用していない人を派遣労働者として現場に出すときに、その人に「派遣労働者」であることを了解していただかないといけないという、派遣労働者であることを明示せよという内容です)

僕はともかく、担当のIさんはこの人に悩まされっぱなし。連絡とろうにも、電話もメールも着信拒否です。上のことについても


内容証明郵便で送ってきたくらいですから。


(はじめてみたよ、内容証明郵便・・・・)

つづく。
[PR]
by cipher0708 | 2006-07-02 02:52