管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

演奏会後の虚脱状態がいまだに続いておりますサイファですこんばんは。

戦い終わって1日。いろんな思いが渦巻いていますな。まあ、当日のことを時系列に。

朝、早起きしてマッサージへ。どーも肩の調子がよくなくて朝一番に見てもらった。
ついでにオケの宣伝もして準備開始!まずはスタッフへのお弁当の支払いを済ませてセンターへ。アンケート用紙の印刷のお手伝いと練習計画表の印刷を済ませて、迎えに来てくれたSさんの車でティアラへむかう。その途中にお花の支払いも。

ホールに到着したらすぐセッティング開始。セッティング隊をお願いした方も、それ以外の方もたくさん手伝ってくれて、すいすいと作業が進む。若干問題になってたファーストヴァイオリンのセッティングは、コンマスたなけんくんと舞台監督だんちょさまのおかげで解決。
役に立ってねーな>オレ

 ステリハはコンチェルトがうまくいかない。特に1楽章練習番号2番。合ってないのはわかるんだけど、特に後ろは混乱している様子。指揮者も呆れ顔。リハ後、聞いてみると「テンポがつかめないんだよね~」と。

・・・・ごめん、それはオレにもどうしようもない。

コンチェルトに時間をかけすぎて、メインはさっくり通す程度。


夕食休憩後、いよいよ本番。戦闘服(←黒上下ね)に着替えていざ出陣。
自分、舞台上で緊張することってあんまりないんだけど、この日だけは席に座ったとたん
心臓バクバク、汗たらたら。約3年ぶりのトップ席。いつもと見える景色が違うだけでこんなに違うもんかいと、自分の中で突っ込んでました。

前プロのフィンランディアは良くも悪くもなく。木管の音程がかなーりやばいように感じたのは僕だけ?自分もかなり固くなってたので、自由な演奏ができなかったような。
そしていよいよ、本日のメイン(?)ヴァイオリン協奏曲。
ソリストは白を基調にしたドレスで登場。すごいかわいい!
そして演奏はというと・・・・




ソリストさん、ブラボーなんてもんじゃありません!。



とにかく、ソリストの演奏がすごかった!頭から美しい音でがっちりつかんだかと思うと、圧倒的な個性で演奏を進めていく。だからといって、オケとの調和にもしっかりと気を配る。僕のソロもソリストと見つめ合って(きゃ☆)うまくいったんじゃないかな。(プロトラにもほめられたし)
圧巻だったのはこの日初めて聞いた1楽章のカデンツァ。常人にはまず弾けそうもない代物だが、すごい安定感で弾ききっていく。
3楽章にいたっては、ソリストは指揮者は目を見合わせて楽しそうに笑いながら演奏してるよ!(←超絶技巧のオンパレードな曲です。念のため)
僕は例のサルタンドがあるのでかなりきつかったが、ほとんどノーミスでやれたかな。

だけど、この集中力の配分ミスがメインで悪影響を及ぼしちゃったよ。
なんかねー、途中で集中力がブチンときれたの。
3楽章のカノンを入りをまちがえるは、4楽章の入りは入りそびれるは。
なんかガッタガタになって終わってしまったような感じ。

打ち上げでも、指揮者から厳しいお言葉が。
そして、来期の練習について指揮者&ソリストからも厳しくもありがたい提案を頂く。
オケのみんなが複数書いているように、練習のシステムを変える必要があるね。

よりよい演奏ができるよう、僕もがんばらなきゃ。

だけど、今だけ頭を空っぽにさせてください
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-28 22:52 | 音楽
ちょっと気が早いですが、僕の出演するオケの定期演奏会の宣伝です。

        【江東シティオーケストラ 第24回定期演奏会】
             ~ 北欧の抒情 シベリウス ~

 公演日時:2006年5月27日(土) 17:30開場 18:00開演

 公演会場:ティアラこうとう 大ホール(都営新宿線・半蔵門線住吉駅より徒歩5分)

 演   目:J.シベリウス 交響詩「フィンランディア」
        J.シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
        J.シベリウス 交響曲第1番

 指   揮:小林 幸人      ヴァイオリン独奏:上里はな子

僕がいま在籍しているオケの定期演奏会です。今回はフィンランドの国民的作曲家であるジャン・シベリウスのチクルス。パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第5位、ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール第2位の実績をもち、現在活躍中のヴァイオリニストである上里はな子さんをソリストに迎え、数あるヴァイオリン協奏曲の中でも大関クラス(←勝手にランク付け)である、シベリウスのヴァイオリン協奏曲をとりあげます。このヴァイオリンコンチェルト、絶対に聞く価値があります。

入場無料です。皆様ぜひぜひおこしくださいませませ。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-27 18:00 | 音楽

ダメリーマン?


仕事ヒマ!

24時間戦ってるビジネスマンの皆様にはけんか売ってます。こんにちは。
今日はなぜか仕事がものすごくヒマなんです。1時から面談があるだけ。
周りはみんな外出中で、事務所にいるのは僕だけです。

そんな僕だって今週の頭まではめっちゃいそがしかったのよ。
大量採用の案件こなしていたし、人ばっくれたし。
きのうなんて9時15分に待ち合わせしていたところ、「来るのが信じられないほど遅れている!どーなってるの!」との激怒の電話を9時16分にかけてくる某お役人のおもりなんてのもあったしな。

忙しいときは余計忙しくなる。ヒマなときはヒマ。
こんなのがバランス取れてていいのかもね。

おかげで、昨日はブルックナーの譜面チェックがおわった。
本番当日には渡せるはず。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-25 12:00 | 仕事とか。

げねらる・ぷろーべ

オケは本日最後の合奏。場所も墨田区の某施設に移して練習。
練習となると、その準備が大変です。特にうちのオケはいつもの場所が比較的固定されているので、こういう練習の時には頭が一杯になります。

<今日の流れ>
・いつもの練習会場へ備品を取りに行く→ハープの積み出しに行く→会場到着→レンタル打楽器の業者対応→セッティングを仕切る→来期の練習会場を取っておく→プチトラブル対応→見学者対応(ここまでで練習開始まで)。

 楽器ケースを開けたのはチューニング2分前。すぐにプレイヤーモードに切り替えるのはさすがに無理でした。最初の曲が前プロで、金管セクションがつかまってくれたおかげで呼吸を整えることはできましたが・・・・。

う~ん、ゲネプロって最後の通し練習って意味なんだけど、結局なんだかんだいって普通の合奏(それもかなり低レベル)になってたような。指揮者もイライラからあきらめになってたような。
ステリハから本番へのマジックを実現しちゃうような演奏は・・・どうかなって。あとは本番終了後に書こうかな。

練習後はソリストさんと呑み。やっぱりいい人です。その中でソリストさんからマジトークも。
要約すると、オケの人にはもっと「自分の音を主張をしてほしいな~」ってことを再三にわたっておっしゃられてましたな。出しすぎているのを抑えるのはすごい簡単だけど、抑えているのを出すのはすごく難しい。特にコンチェルトではみんなが主張しないでいるから、正直疎外感を感じることもある。私はこのオケでシベリウスのヴァイオリンコンチェルトというひとつの「曲」をつくる「仲間」になりたい!っておっしゃっていただけました。

そして、「オケのみんなの思い出に残ったり、いい影響を与えられたら本当にうれしいし、そのためにできることなら何でもやるよ」とも。

ほんとうにうれしかったっすね。

あとは「私のことを苗字で呼ぶのやめてね♪下の名前でよんでほしいな~」。
周知徹底よろしく>オケ関係者。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-21 02:01 | 音楽

更新が・・・

できておりませんな。申し訳ないっす。公私とも・表裏とも多忙な日々が続いています。
週末のオケネタだけの更新になっちゃうかもしれない・・・。

 本番2週間前のオーケストラ。エキストラさんもずいぶん増えてきましたな。
シンフォニー・4楽章は本当にダメ。指揮者キレまくっていましたな。
かな~り重たい宿題を出されてしまいました。前半楽章はかなりいい感じできていると思うんだけど、後半楽章に来るにつれてどんどんだめになっていく。なんで?

 後半はコンチェルトのソリストあわせ。・・・これって前回のほうがよくなかった?
ソリストも苦笑いが多い。ヴィオラ的には1楽章の3連譜のきざみがまったく合わなくなった。
指揮者からも厳しいお言葉が。原因はオレか?(そういえばけっこうはしったような)

1楽章のオレのソロもソリストみずから「ダメだし」を食らってしまいました。僕個人のイメージとしてはけっこうゆっくりに弾いてきたつもりなんだけど、ソリストからはけっこうさっさと行ってほしいという要望が。それじゃさっさと行ってみると

「それはいきすぎ!」

何事においても中庸をとることができない性格が如実にあらわれる。
音楽って偉大です(違う)

それはともかく、ぜんぜんパートをリードできていない自分がなんか悔しいな。
悔しいというか、周りに申し訳ないというか。

ダメなトップでごめん>ヴィオラなかたがた。
でも、できることは全力でがんばります。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-14 20:03 | 音楽

我が家・一部改造

我が家は大きな団地の中の1室です。築37年の団地なのですが、さすがにあちこちがたが来ているので、無料で直してくれたりします。今回はその中のひとつ、窓の総入れ替えがありました。

 ガラスなどではなく、窓枠から何から全部入れ替え。おかげで僕の部屋の家具を移動するなど大変な騒ぎになりました。僕の部屋はただでさえ家具が多いため、昨晩は家に帰ってから大騒ぎになってしまいました。

 その甲斐あってか、僕の部屋の窓ガラスはずいぶんましになりましたが・・・。

手間を考えれば効果は薄いかな?
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-09 23:08 | 日常

てんまみち呑み

ひさしぶりにいってきました。下北沢のてんまみち。

 オケの練習の後、楽器を家においてからしもきたへ。いや、堪能いたしましたです。
おいしいお酒と、豪華なおなべ。特におなべはカニやホタテなどをふんだんに使い、その後はタイの白子とほたるいかのしゃぶしゃぶ。それはまさに

なべの万国博覧会やぁ~(←彦麻呂風に)

貝類が食べられない僕としては半分くらいの堪能でしたが、それでも十分楽しめました。

そして、ここには思いもかけない人が。

ブログにリンクしてもらってるmiyamaさまが!
以前ピザオフでお会いしたときはなかなかお話ができなかったんですが、ここで改めてお話させていただくことができました。

・・・お話させていただいて、率直な感想。





参りました。


えつを嬢いわく、ぼくとこのmiyamaさまは

へんなキャラキャラの立つ友人3大巨頭」に入っているらしい。
(ちなみにもう1人の方も知ってはいるが、僕以外は本当にかわいい女性!)


まあ、オレもキャラの濃さではたいがいだが、このお方には負けました。
「パンがなければケーキをお食べ!」と吹き飛ばせるレベルではなかったです。


いつか、また再勝負(?)を挑みたいですな。


首洗ってお待ち!いや、これからもヨロシクです。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-07 21:37 | 日常

最後の課題

連休中ですが、どこにも出かけずぼーっとしておりました。
そんなときにもオケの練習はあります。本番近いしね。

今日はコンチェルト1楽章とシンフォニー3.4楽章。

コンチェルトは指揮者からも「だいぶよくなったよ」とお褒めの言葉が。
残す課題は1楽章のコーダ部分。ヴィオラとクラリネットがおいしい部分なのだが、ソリストが超絶技巧を駆使しているところなので、絶対に走ることができない。ティンパニのリズムに乗ってしっかりと弾いていく・・・が、どうしてもパート全体がころんでしまいがち。あとはソリストあわせ2回があるだけ。

一方のシンフォニー、3楽章は後ろのほうから少しずつ返していく。ヴィオラ的には3楽章の中間部がやっぱりつかまった。団員もそうだが、トラも全員撃沈。うむ、困ったぞ。
とりあえず、全員に「さらってきて」とお願いはしたが・・・どこまで間に合うか。いや、間に合わせます。4楽章は大きな流れはできてきたか。

気になるのは毎回同じこと言われているのにまったく改善が見られない金管セクション。特にトロンボーンの一部の方、指揮者が前から言われてることをしっかり理解できているのだろうか。僕はブラスのことはまったくわからんが、そんなに難しいこと言われてるとはとても思えないのだが・・・
 
本番まで練習は後2回。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-07 21:07 | 音楽
人材紹介会社のあとに、アルバイトで入ったのが某学習塾。
学生時代から講師のバイトってやってみたかったんだけど、遠距離通学と部活の関係で断念。
社会人になってからの講師デビューとなりました。

 最初は人材の補強で入ったため、授業も週に2回程度。「あせらずに自分の授業スタイルをつくってくれればいい」といわれていました。ところが入社直後の冬期講習で、主力講師が軒並みダウン。入社1ヶ月の新人に1日13コマという仕事が課せられました。おまけに正月特訓こみこみで。年末年始、すべて出勤という事態になりました。

 幸いなことにここで結構な信頼を得ることができ、すぐに主任講師としてバイトの中ではトップに立てることになりました。しかし、そんな栄光も長くは続かず。
入社約半年後、非常勤講師の時給カットが決定しました。

 これは担当授業の構成人数に応じて通常時給がカットされるというもの。その授業が4~5人の構成なら時給5/6、2~3人なら3/4、1人なら2/3になる。そんなたいしたことないようですが、塾の講師とは他のバイトに比べて時給が高い。

最高、時給600円カットという事態になります。

時給でこれだから、1ヶ月にするとけっこうでかいよね。
しかも、塾講師というバイトは「授業をやった時間」でしか給料が出ない。
授業をするためには、当然「予習」が必要になります。僕は最低でも2時間は使いました。
その上、僕は主任講師おまけに受験生担当だったため、質問の対応や保護者面談にはじまり、テストの採点や教室事務もこなしていたため、結構な仕事量をこなしていました。

ある日の時給計算をしてみました。
授業:45×3コマ+50分×2コマ(時給1500円)=235分 まあ、約4時間で6000円。
塾にいた時間:3時~11時で約8時間+予習2時間。


高校生のマッ○以下だよ、おい!




こんなことが続きましたが、それでもやめなかったのはただ子供たちがかわいかったから。
この塾はつぶれたわけではなく、給与カットの体験にとどまったに過ぎないけど、残念でしたが、やはり生活のことを考えて退職にいたりました。


【教訓】
時給カットには要注意。バイトや派遣社員の立場の人はあまりいい人になるべからず。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-05 22:56
一身上の都合で新卒で入った会社をやめたのが21世紀にはいってすぐのこと。体を壊し、ある程度以上療養したところで、そろそろ会社員生活再開すんべ~と、いくつかの人材紹介会社へ登録を始めました。そのうちの1件から、返信メールが。いわく「あなたのレジメを見て非常に興味を持ちました。お話をさせてもらえませんか?」とのこと。早速登録して2日後、「現在のところご紹介できる案件はありませんが、肩慣らしとしてうちの事務所でバイトしてみませんか?」と連絡が入りました。

 どーやらこの事務所、総務のアシスタント(要するに雑用係)がほしかったらしく、ちょーどいいからこいつを使うかといった感じだったみたいです。仕事の途中でいい案件があったら優先的に紹介するよ~ということで、軽い感じでOKしました。

 この会社、いわゆる家族経営会社。社長とその奥さんが経営をまわしていて、後はコンサルタントが2人という構成になっています。といっても奥さんはオフィスには出てこない。お金の管理は恐ろしくがめつかったが、掃除や備品補充なんかはすべて僕の仕事になりました。

 コンサルタントたちはすごくいいひとだったし、最初はよかったんですが、だんだんきなくさ~い雰囲気が漂ってきました。

一つ目は社長のタイ出張。バンコクにある日系企業への商談だけだったのですが、期間がなんと9日間。移動に2日、商談に2日としても多すぎるんじゃない?とは思ったが、社長の机にある日程表を見て納得。

プーケット・○○リゾート5日滞在・2名様

どーやら会社の経費で奥様とリゾートを楽しまれる計画の模様。まあ、愛人とかじゃないだけましだけど。(この間、他のスタッフは全員出勤&サービス残業)

二つ目はある中年男性の出入り。社長の知り合いなのか、「よっ」というのりで気軽に事務所へ入ってくるが、来ると必ず社長とひそひそと懇談。大体3日に1回くらいの割合できていた。
 そんなある日、オフィスの引越しが突然決定。社長が住んでいるマンションの1室に引っ越したが、前のオフィスとは比べ物にならないほど狭い。僕の仕事机なんて、キッチンの流しだった。

 その翌日、突然の契約解除を言い渡された。倒産ということだが、理由は一切明確にしてもらえなかった。でも、銀行からの融資も受けていたし、小さいながらもそれなりの利益を上げていたはず。納得いかないことだらけだが、ただのバイトには何もいえなかった。

・・・後日、時を同じくして首を切られたコンサルタントから事の真相を聞いた。
オフィスに出入りしてた中年男性は社長の長男で、事業を経営してたらしい。しかしその事業がうまくいってなく、父親の社長は、自分の会社の利益をすべて長男の会社に横流ししていた。しかし長男の事業は破綻。社長は家族以外のスタッフをすべてリストラすることで会社と自分を守ったのだと。実際、社長の奥さんはスタッフに給料を払うことすら渋ったらしい。

「けっきょくオレら3人は、あの家族を守るために必死で働いた末にクビになったんだなあ・・」とあきらめがちに言ったコンサルタントの一言が今でも忘れられない。



【教訓】家族経営会社では、社長以外の家族がどれだけ会社に関わっているかを見極める。
仕事をせずに顔だけ出す奥さんや息子には要注意。


ちなみに、仕事の紹介でしたが社長から1件だけしてもらいました。某映像制作会社の社内SE。給料も非常によく、事業成績もいいということだったんですが、映像会社といってもつくってるのは

アダルトビデオ(ジャンル幅広し)


たしかに人によってはいい仕事といえなくもない・・・な。
一応、有名レーベルだったし。
[PR]
by cipher0708 | 2006-05-04 19:56