管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

すんません、更新サボってる管理人です。
この1週間、仕事しかしてませんでした。無理やりモチベーション上げてます。
・・・ということで、ネタがなかったのよ。もちろん、読んだ本とかCDとかはあるんだけど、それはまたおいおい。。

 今日は亀オケ有志によって結成された「アンサンブル・ナ・マレーシュ」の演奏会でした。
場所は早稲田にある教会。シックで素敵なところです。
 ところが、マッサージの予約を入れてしまい、気がついたら本番の時間に間に合わない!という感じになってしまったんです。あとでえつを@Vaにメールしたら、思い込んでた時間よりも30分おそかったからよかったものの、あわてて差し入れを買って教会へ。無事に間に合いましたよ。

 やっぱり、こういうところでの演奏会はいいですね。なんかもう、贅沢な時間を過ごせました。
J.S.バッハの「ドッペルコンチェルト」は、亀オケを結婚退職されたOさんとその弟さんをソリストに迎えて演奏。1楽章はどんどん走っていくし(それでも統率感が乱れないのはすごいと思ったが)、技術的には大小さまざまな傷が見えるのだが、メンバー全員がココロから「演奏を楽しんでいる」という思いがびんびん伝わってくる。

僕たちアマチュアの演奏って、この「楽しんでいる」っていうのが一番大切だと思うんですよね。技術を追い求めるのはもちろん大事。絵画とは違い、音楽って「瞬間芸術」だから、本番で音を出すその「一瞬」のために練習するんだけど、そこに演奏者が「楽しい」「この音楽を演奏できてうれしい」っていう思いが乗っていないと、その音楽の魅力は半減しちゃうと思う。

 「贅沢な時間」が過ごせたのは、普段からよく知っている仲間たちのそんな思いに触れられたからかも知れない。正直、途中から自分も楽器を弾きたくなっちゃたしなあ。(←迷惑きわまりない)

 ともあれ、メンバーの皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

追記:改めて感じたこと。
「内声(セコバイ&ヴィオラ)の音程って、めちゃくちゃ曲作りに重要なファクターなのね・・・」
 
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-29 00:14

仕事が・・・

最近、あんまりうまくいってない。
現在、あるクラスの編成変更の交渉をやっているんだけど、これがどうしてなかなかって感じで。

 いろんな要因があるんです。相手方にも。もちろん僕の仕事の仕方にも悪いところはいっぱいあると思うんですよ。だけど、。。。。必死でこぎつけた交渉が、別なファクターですべておじゃん(←死語)になるって、へこみますね。

上司からは「ずいぶん時間がかかってるね・・・?」っていわれちゃうし。
上司は、励ましのつもりでいってくれてるんだけど、その分かなり気分は奈落の底。

こんな仕事の後の夜は、オケの飲み会。この日は、長い間亀オケでコンマスを務めてくれたY氏の送別会でした。考えてみれば、この人との付き合いは4年半以上。当時、僕はオケのインペクをやっていたので、彼とはずいぶんいろんな仕事をした。激突のほうが多かったけど、おかげであの「カルメン」も成功させられたしね。

 彼との話は、この4年間の恨み言思い出話が主に。狭いアマオケ界なので、どこかであえるとは思うけど、一抹の寂しさが残りますね。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-21 22:04

リヴィエラを撃て

読了しました。感想からいうと「複雑であったけど、大変面白かった」
です。いや、とにかく最初のうちは登場人物やら彼らの所属組織だとか、この事件には誰と誰がかかわっているのかなんかを整理するのが大変だったんですよ。IRAとか、MI5だとかMI6だとか。前半の途中からは、正直挫折しそうだったんです。

 ですが、「伝書鳩」と若いテロリストが友情で結ばれていくあたりからどんどん引き込まれました。後半にいたってはほぼ1日で読了。前半にくどいように張ってあった伏線が、後半に大きなうねりになっていくあたり、この作家のストーリーテラーとしての力はかなりのものだと実感したんですよ。

 後半はかなり面白かったんだけど、最後のあたり読むのがつらくなりました。なぜって、

登場人物が死にすぎ

前半から後半中盤にかけてそれぞれに活躍していった登場人物がみんな死んでしまう。このまま救いのないまま終わってしまうのか~?と思いましたが、最後の章でやっと一条の光が見えました。血と暴力にまみれた諜報活動の中で死闘を繰り広げる男たち。何かに突き動かされるように銃を撃ち、爆弾テロを繰り広げる。登場人物の死もさながら、事柄の対処の方法として「暴力」という手段をとっていくところにも、つらさを感じたが、こういう男たちの戦いは、最後のこの文章を導き出すためにあったように思えてならない。

「この子には、テロリズムよりもっと勇気ある道を選ぶよう、対話を選ぶよう教えるつもりです。そして決して黙することのないよう、教えるつもりです。しかし、そういう勇気は、一人の人間を愛することから始まることになるかもしれませんね・・・」
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-17 22:57

ふと感じたこと。

温泉の日記を書いているときに、なんとなくテレビをつけて書いていたんです。
そのときは某テレビ局のお金持ち特集番組をやってたんだけど、その中のコーナーで、「御曹司の結婚相手募集」をやってたんですよ。
その結果、テレビでちょっと特集されただけの御曹司と結婚したいという募集が「362通」きたんだそうです。

 まあ、番組を盛り上げるための「やらせ」であるという前提に立ちつつ書いていますが。

この「362人」の女性の価値観が怖いと思ったんですよ。

だって、結婚だよ?彼女募集とかじゃないんだよ?
しかも、当の男性はテレビの1コーナーでしか紹介されてないんだよ?
そこでクローズアップされた情報って「御曹司」「会社社長」「独身」だけだよ?

 この362人はこれだけで「結婚したい」と思うんですね。
この人たちは、何と結婚したいのかなあ。
「家柄」?「財産」?それだけ?

 やらせと知りつつも、「なんかこわいな」って思うんですよね。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-16 23:28 | ちょっとした出来事

♪いい湯だな~。

日帰りで温泉に行ってきました。
どこへ行くか、ちょっと考えたんですよ。ですが、僕って旅行(特に温泉関係)するにはちょっとした(?)ハンデがある。最初はそれを念頭におかずにいろいろ考えたわけです。友人の温泉めぐりのレポートなんかも見たりして。

しかし、みんなのレポートの共通点は「車で移動している」んですよね。
そして、僕は

車の運転ができません。

免許すらもってない!どーだ、まいったか。

ということで、「電車で楽に行けるところ」ということで、栃木県は鬼怒川をチョイスしてきました。
近いのよ、我が家からね。箱根辺りへ行くよりぜんぜん楽なんです。東武鉄道のターミナルへもアクセスがいいし。

 てなワケで、浅草から「スペーシア」で一路鬼怒川へ。本当は特急料金を取らない快速電車でもよかったんだけど(時間もほとんど変わらないし)、めちゃくちゃ混んでるし、何よりもスペーシアには「喫煙席」があったので。

 さて、到着して目的のお風呂へレッツラ・ゴーと思ったが、ふと駅の案内板を見ると。。。

乗ろうと思っていた時間帯の電車がすでに満席だよ!!

あいているのは、今から2時間後の特急だけ。。。しょうがないので、それを予約して予定を大幅変更。最初は、町営の露天風呂に始まって、温泉旅館の入浴サービスを2つくらい回るつもりだったんだけど、最初の露天風呂をじっくりと入ろうかと。

駅から5分ほど歩いて、町営の露天風呂に。
う~ん、なんかいい感じです。きれいだけど、気取っているわけでもなく。
早速入ってみると、なんか地元の銭湯みたいな雰囲気。露天もなかなか広くて、気持ちいい。
なんか、とっても癒されます。いろんな悩みなんかも、吹っ飛びますね。

ああ、オレも見上げる空みたいに大きな男になりたいな・・・と空を見上げると、、、

雨降ってきやがりました。
 
あわてて内風呂へ移動。

なんだかんだと1時間も入り、ぎりぎりまで渇いたのどにビール!くぅ~~~~!!と一人でうなっているまもなく、すぐに帰りの電車の時間。

 なんか、あわただしくなってしまったけど、癒しの時間としては大満足。
今度は泊まりでゆっくりと行きたいな。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-16 22:41

迷惑メール

って、結構きますよね。僕は1日大体30通程度ですが、ホームページ制作の仕事をしている友人なんかは、一日当たり200通くらいくるとか。オケ関係の人とかは、いまではウェブメールをメインに使っているんですが、どうしてもOEのほうもチェックしないといけない。

 まあ、迷惑メールの内容は、大体アダルト系のものなんですが、ひとつだけ。

アンタ、地獄に落ちるわよ!!!

おお、オレにも●木×子からメールだ!!!
オレも大物の仲間入りだ!

・・て、ちがうだろ。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-15 22:06

似顔絵。

なんとなくネットサーフィンしてたら、似顔絵イラストメーカーというサイトを見つけました。

 顔のパーツを組み合わせて似顔絵を作れるサイトということで、早速挑戦。
 だけど、自分の顔のパーツを組み合わせるのって難しいですね。

 やってみた結果はこんな感じ。

e0007093_0111873.gif

どおでしょうか?>リアル知り合いのかたがた。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-14 00:11

CDを買いました。

ただいま夏休み中。だけどいったところはまんが喫茶だけの管理人です。
今日は、買い物でCDを買ってみました。亀オケの課題曲は全部聴いたし、自分の趣味でCDを買うのって、なんか久しぶりです。
気になったCDは2枚あったけど、購入は1枚のみ。
<買ったCD>
『ジョン・ウィリアムズ グレイテスト・ヒッツ』
ジョン・ウィリアムズといえば、いわずと知れたハリウッド映画音楽の巨匠。彼の音楽が使われていない映画を見たことない人のほうが少ないくらいですよね。とにかく「元気が出る」曲が聞きたかったってことがきっかけ。

 ジョン・ウィリアムズの曲を演奏するオケといえば、「ボストン・ポップス」ですけど、このCDではこれ以外にもいろんなオケが演奏しているのが、意外と言えば意外。
「ボストン交響楽団」(これはごもっとも)
「ロンドン交響楽団」(まあなっとく)
「タングルウッド祝祭管弦楽団」(まあまああるんじゃないかな)

「スカイウォーカー・シンフォニー・オーケストラ」

こんなオケ、あるんすか!?
しかも、演奏しているのが「ダースベイダー・マーチ」なんですけど。。。

CDの感想以前に、このオケに興味津々です。

<気になったCD>
『五嶋 龍 Ryu Goto』
ヴァイオリニスト・五嶋龍のデビューアルバム。弦楽器をやる人ならこちらもよく知っている人ですね。7歳でコンサート・デビュー。「天才少年」と呼ばれ、数多くのオーケストラと競演しているヴァイオリニストです。最近ではJR東日本のCMにも出演しているので、見たことある人も多いと思います。いまでは日本を代表するヴァイオリニストとなった五嶋みどりさんの弟でもあります。

 これは、試聴機をつかってダイジェストに聞いただけなので、なんともいえませんが。。。
ひとつだけすぐに感じたことがあります。
ま、これはちゃんと買って聞いてから。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-14 00:05

夏休みです!

本日より、夏休みです。
だとゆーのに、初日の今日は家の用事でお出かけ・・・・。
会社の人にBBQのお誘いをいただいてたのにいけなかった。。。

 午後すぎからは、体も空いたのでブック○フで文庫を買って久しぶりに読書。
高村 薫「リヴィエラを撃て」(新潮文庫・上下)を読んでいます。
これ、この人のサイトで、以前絶賛されていたんですよね。本屋に行くたびに気にはなってたんだけど、なんとなくう読みそびれていたって感じで。楽しみですな。

これ以外にもいろいろ読んでいたんですが、軽くまとめてみました。

● 「すべてのものをひとつの夜が待つ」 (篠田真由美著 カッパ・ノベルス)
   この人の「建築探偵」シリーズが大好きで、常に追いかけているんですが(苦笑)、これも「館もの」ということで、手に取ったしだい。ミステリとしてのプロットはちょっといまいちな気がしないでもないが、僕がこの人に一番魅力を感じている「キャラクタ」については、満足かな。

● 「ゴッホ殺人事件」(高橋克彦著 講談社文庫・上下)
  仕事帰りに何となく買ってみた(←おい)のだが、なかなかに面白く一気に読んでしまった。
「ゴッホ」というのは、もちろん画家の「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」のこと。生前には1枚しか絵が売れなかったとか、自殺したとき、2日間も生きてたとかいろいろな逸話が残っているが、こういったことに対して、論理的にも考察を加えられている。残念なのが、未発表の作品にからむサスペンス色と、ゴッホに関する謎の一体化がもう少しあればよかったなあ。

● 「月館の殺人」(原作:綾辻行人・漫画:佐々木倫子 小学館IKKI COMICS)
 綾辻も佐々木も、学生時代は好きでよく読んでました。予想もしなかったコンビでの作品なので、思わず購入。発売は上巻のみなので、最終的な感想は下巻を読んでからにしたいが、ひとつ不満なのが(もうかいっ)、「動物のお医者さん」や「Heaven?」などに見られた、佐々木作品独特のギャグがこの作品ではうっとうしいことこの上ない。綾辻作品がもつ独特の「暗さ」は佐々木の絵とあっているんだけど(←おもったよりね)。
 これは、いろんな意味で下巻が楽しみです。

 
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-11 23:30 | 日常
土曜日なので、オケに参戦・・・・と行きたいところなのだが、残念ながら本日は仕事なんです。
つか、8月は全部土曜日出勤だぞ・・・・。

 この日は、亀オケびよらーず全員がびよらもココロも師匠と仰ぐO先生の弦分奏だったんです。ああ、参加したかったよ。こんな日に仕事なんてやってられっかよ~~~!多忙を極める先生のレッスンは多くても半年に一度。つぼをつかんだ先生のレッスンは、たった3時間であっても得るものがもんのすごく多いんです。金払ってでも受けたいくらい。

 しかし、所詮アマチュア演奏家。「本業」には勝てないのです。

ですが、お酒の好きな先生のこと。管楽器セクションのトレーナーのK先生もいるので、とーぜん飲んでるだろうとおもい、いつものたまり場に合流。仕事が遅くなったので、9時過ぎてたけどさ。

日本のトッププレイヤーとして、オケに、室内楽に飛び回る先生。超一流のマエストロたちとの共演したときの感動の話なんかは、アマチュアオケマンにとっては貴重なお話。

 ・・・・・しかし、この日はベースのHくんの一言から、話はどんどんとんでもない方向に。
O先生から飛び出してくる○○○○(←はずかしくて書けません)の話に、まっさきにくらいついてくる元ヴァイオリンのOねえさん。あなた結婚控えてるんだから・・・・。

ちなみに、O先生のインタビューサイトがありました。
[PR]
by cipher0708 | 2005-08-06 23:31