管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

カテゴリ:読書( 10 )

読書ネタ♪

今日は最近ちょこちょこ書いてる読書ネタ。

本棚を片付けていると、むかーし読んだ本とか買ったままで読んでない本とかがたくさん出てきます。
この前もそんなことをしてて、たまたま読んだ記憶にない本が。暇つぶしに読んでみたらこれが思いのほか面白かったの。

「チャイコフスキー・コンクール」 中村紘子著 中公文庫

国際的なコンクールの中でも最もメジャーなチャイコフスキー国際コンクールのノンフィクションエッセイです。著者は1986年のこのコンクールのピアノ部門の審査員を務め、その時の様子や感じたことなどをつづっています。

著者の中村紘子は日本ピアノ界の大御所(だよね?)のひとりで、知名度もかなり高い。「ピアノ弾きながらカレーを作るおばちゃん」(←古いな・・・・)というとピンと来る人も多いと思います。
一時はエッセイストとしても活躍。僕も1冊読んだけど、正直あまり面白くなかったの。いや、文章はうまいと思ったんだけどそこにふんぷんと漂う「あたくしセレブでございますわよ」臭がどーも鼻についてね。同時期に読んでた同じ苗字の「ショッピングの女王」(*)のほうがずっと面白かったよ。

それはともかく。

「コンクール」の歴史からコンテスタントたちの審査メモにはじまり、コンクールの舞台裏などなどが硬い筆致ではあるけれども、非常に読みやすく書かれています。また、いわゆる「評論家」の文章と違い、全体を通して「演奏者」としての視点がぶれていないので、音楽に対する実感と実体験がその文章からリアルに感じ取れて何らかの形で楽器演奏に関わる人なら、非常に面白いと思います。紹介文や解説にはクラシック音楽の未来を見据えて・・なんて壮大な文言が書いてあるけど、けっこう気楽に読めてためになるエッセイでした。

(*)浪費エッセイで名をはせた中村「うさぎ」ね。
[PR]
by cipher0708 | 2009-02-18 23:19 | 読書

読書三昧♪

祝日の今日、何も用事も予定も入れずにやりたいことをやる日にきめてました。

やりたいこと・その1:朝寝
・・・って、それがやりたいのかよ。でもやりたかったんだよ。寝たくないまで寝る。横になりたくなくなるまで寝る。じいやとばあやに「起こしてはならぬ」と厳命し、布団の中で朝寝を楽しんで起きたら昼前。

やりたいこと・その2:お店でランチ
・・・って、ふだんやってねーのかよ。ええ、会社の周りはお店がないんですよ。お昼は仕出しのお弁当かコンビニめしですから。たまにはお昼に美味しいものを食べようとあっちうろうろこっちうろうろ。ああ、あれもいいこれもいいって迷ってたらめんどくさくなって、結局はD&C(*)のお店に入ったことに激しく後悔。でもいいや、うまかったし。

やりたかったこと・その3:読書
これが今回のメイン。喫茶店で美味しいコーヒーとともに。お店は亀戸にある「侍」。ロッキングチェアで本当においしいコーヒーが楽しめる地元の有名店です。ここで読んだのがこの1冊。

・「邪馬台国の秘密」 高木 彬光著 光文社文庫

推理小説の大家・高木氏の歴史ミステリー。日本古代史の謎のひとつ、「邪馬台国」はどこにあったのか、また女王・卑弥呼は誰だったのか?名探偵・神津恭介があくまでも「魏志倭人伝」の文章を元に推理していくという話です。もちろん周辺その他の文献を参照しています。今まで数多くあった邪馬台国に関する論考。どうしても専門的な内容になりがちだが、あくまでも「小説」という形をとってはいるが、逆にそれがボクみたいなしろーとにはわかりやすくかつ説得力のある論考になっています。その論証に対する評価にはいろいろあるみたいですが。

久しぶりにリフレッシュです。

そうそう、これかいてる今、レッドカーペットを見てるんですが、「こまつ」、すごいっすね。右手でラッパ吹きながら左手でキーボード伴奏するあの人。たいていこの手のヤツって手元移さなかったり、それ以前に絶対吹きマネだろってのが多いけど、この人少なくともアンブシュアとか見る限り本当に吹いてるでしょ?キーボードは少なくても本当に弾いてるし。それに関係ない曲を自然につなげるセンスはすごいと思う。「大笑」じゃなくて「大拍手」ですわ。


(*)D&C:「安い・早い・うまい」のあのお店。今ではホールディングスになってこの名前は使っていないそうな。
[PR]
by cipher0708 | 2009-02-11 22:45 | 読書

頭をかすめる人の顔

久しぶりに読書ネタです。それもマンガ。

「理系の人々」(よしたに・中経出版)

 このよしたにという漫画家(というか、イラストレーター)、ウェブ系のエンジニアを本業としながら漫画を書いている方だそう。ボクはこの人の代表作「ぼく、オタリーマン」が大好きで全部集めてるのだ。

基本的には1ページ読みきりのマンガで、理系学部出身の生態というか特徴というかを描いたもの。作者自身も理工学部出身のようで、自身のことも含めて書かれています。ボクもITエンジニアの現場にいたことがあるので、「あーいたいた!」とか思いながら読んでみたり、自分の周りにいる理系友人のことを思ったりするわけですが。

このマンガ読んでると、ある方の顔が連想されてきて仕方がないんですわ。理系の友人は彼だけではないし、彼がこの本に当てはまるとはまったく限らないんですが。

どーゆーわけか連想回数が全体の8割超えたので。

その友人とは。




ボクの所属しているオケの方です。

理系です。でもその割には歴史やお城が好きなかた。

ラッパが上手です。

最近理系女子と結婚されました。(改めておめでとうございます)





marugen先生!!





この本を読むたび、あなたの顔がフラッシュバックのごとく登場しまくりです。

よかったら読んでみてください。よければ貸します。
[PR]
by cipher0708 | 2008-10-06 22:08 | 読書

大人の童話

最近の読了本のレビューを2冊ほど。

○貴志祐介著「硝子のハンマー」(角川文庫)

貴志祐介さんの本ってどちらかというと「ホラー」なイメージがあって、ちょっと敬遠してました。この人の作品は「青の炎」についで2作目。

ある介護会社の社長が密室で殺害される。無実の専務に容疑がかかり、その弁護士・純子は防犯コンサルタントと二人三脚で密室殺人の謎に挑む・・・・

密室トリックはけっこう驚くものがありましたな。科学的にありえるのかどうかは若干の疑問が残るのですが、なるほどと思わせる小道具を登場させているのはお見事という所ですね。ただ、殺害の動機と犯人の存在は、ちょっとどうなのかなと・・・・。なんか「事件」と「犯人」に必然性がないのが残念なところでした。

ということで、 ☆☆☆です。

○シドニィ・シェルダン著「億万ドルの舞台」(アカデミー出版)

 先日亡くなられたアメリカライトノベルの御大・シェルダン氏の本。「ゲームの達人」などに代表される長編サスペンスがありますが、これは中篇。売れない役者・エディがある南米の独裁政権国家での演劇に向かう。そこでは彼とそっくりの独裁政権者が急病で入院することに。エディはその独裁政権者の替え玉となるが、本物の独裁政権者に代わって世のため人のためとなる法律を次々と出してしまう・・・・というもの。

これでもかってくらいのご都合主義&勧善懲悪なストーリー。頭を空っぽにして読むことができます。笑いもあり、どきどきもあり、ほんのちょっと涙もありと、単純に楽しみたいときに読むのはおすすめです。

☆☆☆☆です。
[PR]
by cipher0708 | 2007-11-20 20:48 | 読書

会社休んで・・・

昨日の夜から、すごい腹痛。
いや、久しぶりにやばかったっす。本日は会社お休みです。
・・・医者の話では、ストレスによる神経性胃炎と便秘

今回は後者のほうだったらしく。「ストレスたまってるの~?」と医者。

セクハラどころかへたすりゃ人権問題にまでなりかねない要求突きつけるお役人様とか、ミスと責任という言葉を極端に恐れてわけわかんない言い訳してくる某お役所様とか、英文書類見たとたんフリーズする翻訳者とかを最近相手にしてますが何か?


とは言わずに、本日休養。

ブライアン・フリーマントル「ホームズ2世のロシア秘録」(新潮文庫)

を1日中読んでおりました。
シャーロック・ホームズの息子・セバスチャンが英国政府の密命を受けて、革命前夜のサンクトペテルブルグでスパイ活動。もちろん遠く離れたロンドンからは、オヤジのシャーロックやワトソン博士、伯父のマイクロフトなどがいろんな応援をしてます。いわゆる「シャーロキアン」な方々には受け入れられないだろうな・・・という感じですね。シャーロック・ホームズの人物像がドイルの原作とまったく違うので。僕としては、このシャーロック・ホームズ像はけっこう好きだし、これはこれでありかなと。全体としては楽しめましたが、シリーズものの第2作めなので、1作目を読んでみないと面白さは半減かも。
[PR]
by cipher0708 | 2006-10-03 18:42 | 読書
読書がしたく、今まで足を向けてませんでしたがついに約1年ぶりに行ってしまいました。




ええ、まんが喫茶へ





一時ははまってました。読みたいマンガがいっぱいあったときに、近所にできたことがきっかけで、ずいぶん足をはこんだもんです。ひどいときには、オケの練習前に行って、危うく遅刻しかけたことも。(途中で読み終わるのが悔しいんだな~)

本日は2時間くらい。雑誌とか、読みかけで買ってなかったものをちらほら見て終了しました。

ちなみに最高記録は午前11時から午後10時まで。
ガラスの仮面(白泉社)全42巻を読破したのが最高記録。
約11時間まんがを読むだけ。このときばかりは、オレって最低と心の底から思いました。

夜はオケの友達(Philo Vanceさん。別名:カメオケ一危険な男)と食事。たのしかったっす。
[PR]
by cipher0708 | 2006-03-25 00:11 | 読書

求人情報と本格ミステリ

最近、メインのメールはほとんどHotmail。パソコンのメーラーはほとんど使っていません。
というのも、以前オケ関係でメールアドレスを公開してからというもの、すさまじい量のスパムが入ってくるようになってしまったの。ただ、最近のスパムメールってタイトルが面白いのね。
プレビューでもあけませんが、そのタイトルだけでけっこう笑えます。

タイトル一部ご紹介。

「なんで電話くれないの?」
 -ごめん、電話とまってるんだ!

「いたずらには気をつけてくださいね」
 -アンタに気をつけるよ。

「仕事ご紹介いたします」
 -・・・・これだけは見てしまいました。なんかそれっぽい送り先だったし。

中身は・



出張ホスト 一日40.000円!


40000円か。。。(←おい)

閑話休題。
某オーボエ吹きに刺激されて、海外の古典ミステリを2冊読んでいます。

ヴァン・ダイン ”The Bishop Murder Case"(創元推理文庫)

ヴァン・ダインの代表作の「僧正殺人事件」です。昔から何度も読んでみようと思っていたんですが、なかなか手が出なかったファイロ・ヴァンスもの。個人的にはあーいうペダンティックなものはあんまり好きじゃない。まだ、最初の数ページだけなのですが、これからの展開が楽しみです。

アガサ・クリスティー"The Hollow"(ハヤカワ文庫)
近所の古本屋で50円で売ってたので思わず衝動買い。これもまだ数ページ程度なので、
これからの展開に期待です。
[PR]
by cipher0708 | 2006-03-15 22:58 | 読書

久々に読書ネタ

経済難(?)だけど、いろいろ本は読んでます。
その中から、同じ作者のものを二つ。

  松樹剛史著「ジョッキー」(集英社文庫)

タイトルからわかるとおり、競馬ものです。主人公はフリーで落ち目の騎手。騎手仲間やライバル、厩務員から馬主や女子アナまで、主人公と競馬にかかわる人たちとのお話です。

 1人のジョッキーの心の葛藤や馬に対する愛情などが細かく描かれ、ストーリーよりも心の動きを重点においた作品。このところミステリなどのストーリー重視のものを多く読んでいたので、新鮮でもあり、面白かった1冊です。主人公が僕と同年代の男性なので、かなり主人公の気持ちや考え方には共感できたこともあり、一気に読みきりました。

貧乏で、とうのたったジョッキーだけど、決して自分を安売りしない。常に自分の信念に基づいて生きている主人公・八弥。生活は苦しいけど、決して自分を曲げない生き方がけっこう感動しました。

 僕は競馬をやらないので競馬用語とかはよくわからん(というか、単勝・複勝のちがいもよくわかんない)のだけど、競馬好きの人なら必ずはまるんじゃないかな。ジョッキーの心理なんかもよく描かれているので。

 
  松樹剛史著「スポーツドクター」(集英社文庫)

この作者の2作目。いわゆるスポーツ選手を相手にする先生と、さまざまな患者との交流を描いた一作。高校の部活からリトルリーグ、プロの選手まで幅広く扱っている。前作との共通点は、やはりスポーツにかかわる人たち(選手だけでなく、親や同級生やコーチまで)の考えた方や、感情を細かく描き出している。確かに文章は読ませるのだが、自分がスポーツ系のクラブに所属したことがないだけに、いまひとつ入り込めなかったというのが正直なところ。また、後半はドーピング問題が主になり、小説としてのテーマがいまひとつみえないな。
 また、「スポーツドクター」というタイトルの割には、その「ドクター」にスポットが当たってないの。それに、登場人物もキャラクタ設定もいまいち。

 ただ、この作者は僕のひとつ年下。両作ともキャラクター造形などにはちょっと難があるのだが、心理描写と文章力はすばらしい。若い割には、老成した文章を書く作家だなと思いました。
今後の活躍に期待したいところですね。
[PR]
by cipher0708 | 2006-01-27 22:24 | 読書

最近読んでいる本

福井晴敏「亡国のイージス」(講談社文庫・上下巻)を読んでいます。

いや、面白いです。日本推理作家協会賞・日本冒険小説協会大賞・大藪春彦賞のトリプル受賞なだけありますね。おとといから読み始めて、あっという間に上巻が終了。会社帰りに電車のなかで読んでも、続きが気になって近所のモスバーガーにこもって読み続けていました。

 この福井晴敏氏、初めて手にしたのが今年の2月。アメリカへ行く際に飛行機の中で読もうと手にとった「終戦のローレライ」を読んで以来、すっかりとはまってしまっていました。(おかげで、成田→ロサンゼルス間はまったく退屈せず) 

 「亡国のイージス」では海上自衛隊、「ローレライ」では旧日本海軍という舞台をとり、護衛艦や潜水艦の構造をこれでもかとばかり描写しているため、最初は「この人は軍事オタク?」と思いましたが、ありていに書けば興味のない人には退屈極まりないメカニックの描写も、物語を彩る要素として完成させてしまうのがすごいです。左よりの方が書いた、軍事オタク本ではけっしてないですね。

「ローレライ」もめちゃくちゃよかったですが、何しろ長い!(文庫全4巻)
それに、ちょこっとSF的な要素も入っているため、その辺が若干僕好みでないかも。
現在のところは「イージス」の方に軍配をあげるかな。


冒険小説が好きな方は、是非ご一読あれ。おすすめですよ。両作ともに。

だけど、映画はみないつもりです(苦笑)。
[PR]
by cipher0708 | 2005-07-15 22:04 | 読書

骨の太い文章。

早速、今日読んだ本。

 真保裕一「ダイスをころがせ!」(毎日新聞社・新潮文庫)です。
 日本の作家では、一番好きな人かな。「ホワイトアウト」を友人から薦められて読んだときから、すぐにファンになりました。
 ものすごい取材に裏打ちされたストーリーもさることながら、何よりもその「骨太」な文章にすっかりはまっています。
 
 さて今回読み返した上記の本。テーマは「選挙」。ちょーど都議選が来週あるし、タイムリーかなと。主人公は大手商社を退職して失業中の男が、高校時代ライバルだった同級生と再会して、国政選挙に打って出る同級生の秘書として選挙を戦うって話。選挙活動という、普段目にしないところでのストーリーもさることながら、登場人物が悩みながらも全力で戦っていくところに、共感と憧れを感じた。

 「何かに真剣に取り組む」ってことが最近あんまりなくなってきたように思う。仕事も遊びも。
自分には「オーケストラ」っていう趣味があることが、非常にありがたいと思えるようになってきました。
7月から、仕事の関係でオケに2週間に1回程度しか行けなくなっちゃうんだけど(関係者の皆様、ごめんなさい)だからこそ、大切にしたいな。






 
[PR]
by cipher0708 | 2005-06-28 17:51 | 読書