管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

アンサンブル

3連休2日目。「髪の毛きりたい~」と願いつつ行けなかったのだが、今日やっと髪を切りましただよ。以前逆ナンパ営業を食らったところとは別に、地元友達から紹介していただいたところで。ああ、すっきり。

さて、この日の夜はアンサンブル。9月にやったDQ音楽の合奏イベントで弦トップの席に座った4人が集まって、カルテットの練習というか音あわせ会です。この4人に一連のイベントを企画してるK氏と譜面を担当しているIさんが合流。最初はほんの2~3曲のつもりが、この一連のシリーズってけっこう弦だけのアンサンブル曲が多くて気がついたら10曲近くにまで曲目がふくれあがっていたという(苦笑)。

ゲーム音楽なので、基本的には各情景ごとに音楽がつけられているんだけど、弦楽合奏の曲が多いのは、お城系とレクイエム(←全滅したときの曲)みたい。特にお城系は作曲者がかの大バッハを意識していたのか、「G線上のアリア」や「ブランデンブルグ協奏曲」のリスペクトをこめて作曲されてるものもある。基本的にはあまりこった編曲がされていないので、譜面もきわめてシンプル。だけどこのシンプルさが曲者で、曲に仕上げるのが難しいこと難しいこと。

このとき来てくれたKさんとIさん。2人はトランペットとチューバの奏者ですが、課題曲の中に弦楽器とラッパ1本という曲もあり、Kさんにはお願いして楽器持参できてもらいました。このIさんというのが実はすごい人。持ち前の記憶力と絶対音感を生かして、一連の組曲シリーズのフルスコア(もちろんオリジナルのオーケストラ・バージョン)をほぼ暗譜している。写譜ミスやちょっと見づらい譜面など、即座に音を教えてくれる。すげー。オレには絶対できないぞ。

クラシックもいいけど、こういうのもいいですね。今回は曲数が多かったので音出しレベルで終わったのが残念。編曲したりオリジナルを使って一連のプログラムで仕上げてみたいなとも思っています。ボクはオケばっかりでカルテットをしっかりやった経験がほとんどないので、いいプロセスになれればいいな。
[PR]
by cipher0708 | 2008-11-03 22:04 | 音楽