管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

袋詰め

日曜日のこと。その前の週に引き続いてオケの定期演奏会のチラシを挟み込み作業に池袋は東京芸術劇場にいってきました。チラシ1000部はさすがに重かった・・・両肩にかけるバッグにしなかったのを激しく後悔です。同行者はHこぴー@広報。

さてさて、挟み込み作業。挟み込み作業というか今回は「袋詰め作業」ですな。
プロオケの演奏会に行くとよくもらうでしょ。袋詰めのチラシの束というか山。大量のチラシを楽に持って帰れるようにとか、演奏中に見てがさがさ音を立てないようにという配慮です。これは専門の業者というかオケの事務所に袋詰め用の機械があってがっちゃんこがっちゃんこやっていくわけですが。。

今回はすべて手作業。

ビニール袋が回ってきて、1団体ずつチラシを入れていくやり方なんですが。まーこれが作業効率の悪いこと悪いこと。団体数15団体くらいなのに、作業が止まってみたり袋が滑っておとしてみたりとかが続出。「最初に束ねて袋に入れたほうが早くない?」って作業してた人がみーんな思ってたんじゃねーか。
おまけに何人もの人が袋を開けたりチラシ突っ込んだりしてるので、仕上がりはくしゃくしゃのしわしわおまけに指紋べたべた。こういうチラシって大体が一通り見て興味のあるものをピックアップしてあとはゴミ箱へというパターンがほとんど。ですがこの団体の場合

配る前から見た目がすでにゴミ。

会場について、こんなゴミ袋渡されたらかなり萎えます。演奏聞く気にもならなくなる。

途中からフロントマネージャーと思しき人が最後に袋詰めする方針に切り替えたが解きすでに遅し。気がついたらたった1500部挟み込むのに約2時間が経過。(通常テンポがよければ40分ほどで終わります)

またびっくりしたのが。

団内スタッフと思われる方々が、見慣れた挟み込み作業を。あのチラシとはべつにアンケートだけはプログラムに挟み込んでいます。そこだけ別なのかい。


終わった後は、もう口を聞く気にもならないほどぐったり。Hこぴーちゃんと喫茶店で休ませてもらいました。


こちらの団体さん。こういう設定をした気持ちはわかります。お客様が快適に、演奏会の時間を過ごせるように最大限の配慮をしたと信じたい。だけど、形にこだわりすぎなのと、ありえないマンパワーを使いまくった結果、お客さんの立場に立ててないよ。

あの程度のチラシなら、お客さんの楽しみの一つにもなるんですよ。休憩中に見るとかね。おまけに渡されるのがあんなゴミ袋なら演奏の程度も知れると取られかねませんよ。

うちのオケは反面教師にしたいもんです。
[PR]
by cipher0708 | 2008-10-19 21:48 | 音楽