管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

ソリスト合わせ

土曜日の今日、晴れていい天気。今日はオケ練習。
場所は小岩で、初めて使う場所。駅から遠いよ~。どうしてもこの日、いつも使っている練習会場が取れなかったらしく、この場所になった。それでも練習をしなければならない。そう、今日は今取り組んでいるドヴォルザークのチェロ協奏曲でお世話になるソリスト、M先生との初あわせの日。
コンチェルトの練習をするにあたって一番厄介なのがスケジューリング。特にM先生は殺人的とも言えるスケジュールをこなしている方らしく、この日の練習はオケの都合ではずすわけには絶対にいかなかったようです。

とにかくホールでセッティングをする。500人程度の小ホールの舞台だけを使って練習なので、ちょっと狭い。弦の後ろのほうは舞台袖に入っちゃってる。そして、音響がよろしくない。反響板をおろしてないので、しょうがないのだが。

 そして、ソリストM先生の登場。楽器ケースをおいてある場所が近かったので、ちょっと話をうかがったのだが、M先生の楽器は、ボクの大学オケの大先輩も何人か使ってる名工の楽器で(当然ランクはぜんぜん違うだろうけど)、大学時代の大先輩の名前が聞けたのにはびっくり。余談だが、ボクがはじめて楽器を教わった大学オケのトレーナーもご存知の様子。いや、この業界狭いのね(笑)。

練習はコンチェルトだけをソロとのからみを中心に。初回あわせなので、先生はおとなしめの演奏。やっぱり様子見なのかな。指揮者も「端整な演奏をされる方ですね~」と言っていた。が、僕が知ってるM先生の演奏って「端整」って言葉はしっくりこないの。(曲によって変えるのかもしれないけどね)先生をよく知るすじゃーたさん@びよらトップも「あんなもんじゃない」って言ってた。
そんな中にもやっぱりM先生がつくる「世界」には引き込まれました。途中落ちてしまったことも多かったし(ごめんちゃい)。来週もまたソリスト合わせがあるので、しっかり準備してのぞまなくちゃな。
[PR]
by cipher0708 | 2008-09-28 00:57 | 音楽