管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

エルミタージュと何とか画廊

土曜日のオケ練習。8月は暑くて楽器を持って移動するのにもちょっと大変。
短距離とはいえ、自転車移動だしねえ。

今日のオケはメインである「展覧会の絵」だけの練習です。冒頭の「プロムナード」からみっちりとやっていきます。この「展覧会の絵」は標題の付いた10曲の合間に「プロムナード」が入る構成になっていて、この「プロムナード」が絵を見た感想なんかを表現している。

冒頭の「プロムナード」は展覧会のある美術館に足を踏み入れた印象なんだね。その展覧会にふさわしい美術館とは。

そう、ルーブルです。オルセーです。なんといってもエルミタージュなのですよ。

 7月のS先生の指導では、「そこらへんの何とか画廊じゃなく、エルミタージュ美術館を歩くイメージ」そう、もっとゴージャスにとのこと。今のだと確かに亀戸あたりの場末の画廊のイメージだもんな。

「サミュエル・ゴールデンベルグとシュミイレ」(って長いタイトルだな)。
ユダヤ人の貧乏人が同じくユダヤ人の金持ちに物乞いしている絵。

要するに「ホーッホホホ、民草よパンがなければケーキをお食べ!」と宮殿のバルコニーで高らかに叫んでいる図。(ぜんぜん違うだろ!)

弦楽器群がお金持ちのサミュエル役。トランペットが貧乏人のシュミイレ役。リズムがちょっとめんどくさいので周りを見る余裕はないのだが、ココロは「さあ、かしずいて靴をおなめラッパ奏者ども!」な思いはまったく出さずに演奏しています。なんてったってこのトランペットのソロはとても難しいらしく、Sさんとmarugen先生ががんばっているんですもの。
[PR]
by cipher0708 | 2008-08-10 18:05 | 音楽