管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

今日の練習

土曜日はオケ練習。今日は管トレーナーのK先生の指導。K先生はホルンの先生なんだけど、プロオケで何十年もの演奏経験がある人。そんな先生からいろんな生活の知恵がもらえる練習は、とてもためになります。

 展覧会は冒頭から。冒頭の「プロムナード」は譜面はそんなに難しくない。だけど、どーしても曲の中での自分の音程の違和感がぬぐえなかった。今日は自然とすんなり入れたな。分奏では音が出せなかったいくつかのプロムナードと「古い城」「ビドロ」も音出しできてうれしい。この組曲の中で一番好きなのが「ビドロ」です。

続き。。

ところで、ボクがこの曲をさらうときの順番が大体決まっている。
バーバ・ヤーガ→リモージュ→グノームス→金持ちとびんぼー→プロムナード複数→後は気の向く曲(おい)というかんじで、大体グノームスあたりで終わるのだが(爆)、何気にまったくヤバイ曲が隠れていました。

終曲の「キエフの大門」。終盤の6連符がけっこう音程取りにくいぞ。さらおう。

これはボクだけかも知れませんが、この展覧会の絵、さらっていてどうしても「これであってるのかいな?」と疑問を持つ部分が多数あり。自分の音程が悪いだけならいいんだけど。さっきも練習していて、「アンタが何を弾いているのかさっぱりわからん」とばあやに言われたしな。
なので、最近は「展覧会の絵」については管弦楽版よりピアノの原曲を多く聞くようにしてます。こっちのほうが音の重なりがわかりやすい。だいぶ違和感がなくなってきました。スコアに比較用のピアノスコアがついているので、これも助かってます。

ちなみにボクが聞いているCDは
「展覧会の絵」(ラヴェル編曲管弦楽版とピアノ ドイツ・グラモフォン)
・カラヤン/ベルリンフィルハーモニー(管弦楽版)
・ラザール・ベルマン(ピアノ)
[PR]
by cipher0708 | 2008-07-13 01:03 | 音楽