管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

イリュージョン

土曜日はオケ練習。今日はこれから1年間お世話になる本番指揮者カンニング竹山佐藤先生の初合奏。全曲をランスルーして、これからのとっかかりとなる合奏です。4月に弦セクションを見ていただいているのですが、合奏としてはほぼ半年振り。先生、相変わらずお元気です。

はげ山の一夜から。先生のテンポは比較的遅めなのかな。繰り返し言われたのが、ひとつの音に対する重さ。「半年間古典をやっていたためと善意に解釈しておきますが」音が軽いと。さらうときに、音の重さを意識して。

チェロコン。なんと、代奏とはいえソリストつきの練習です。今回代奏してくれたのが、東京G大のチェロ科4年生の女の子。時間の関係もあり、本当に通すだけ。
しっかし、この女の子が本当にうまい!オケパートを弾くだけで精一杯のわれわれに対し、余裕の表情でソロパートを弾いていく。聞きほれるオケメンバー多数。一瞬、この曲のソロパートって実は意外と簡単なのか? と思わせてしまう。(←超絶に難しいそうです)。

ソロとあわせて弾くのもとても楽しいが、現段階ではオケだけでしっかりと詰めていくことが大事かなと。

メインの展覧会。弦も管もこりゃ悲惨です。オレも悲惨ですとしかいえませんわ。
面白かったのがパーカッションパート。うちのオケの打楽器正団員は2人だけ。その割には鳴っている音が多い。2人のうち、ティンパニ担当のNさんはティンパニと、ラチェットをやっていたみたいだけど、もう1人のoderさんの周りに、バスドラム・シンバル・つりシンバル・スネアドラム・トライアングル・ムチとならんでるの。実際に演奏している所は見えなかったが、1人で演奏してるとは思いにくい音がある。

「あれはイリュージョンですから」とoderさん。
万国びっくりショーではなかったのね。
[PR]
by cipher0708 | 2008-06-22 19:59