管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

ピンクゴールド?

僕たちが使う楽器って大体木製か金属製ですよね。
たとえば、ヴァイオリンなどの弦楽器は、大体木製。ラッパやトロンボーン、ホルンなんかの金管楽器は金属製ですわ。

木管楽器なんかは大体木製(たまにプラスチックのもあるみたいだが・・・)ですが、唯一の例外がフルートさん。大体銀製か金メッキがしてあるみたいです。フラウト・トラベルソみたいに木製のもあるみたいだけどね。見たことないっす。

何気なくネットサーフィンしていたら、ぐーぜん発見。こんなものがあるんですねえ。







ピンクゴールドのフルート・・・


よくみると、確かにフルートの管がピンク色です。右の写真の頭部管なんてすごい。
遠くから見ると、やっぱりそこだけピンク色に輝くんでしょうか。やっぱり音色もピンクな感じがするんでしょうか。

金のフルートってよくあります。ボクの所属オケでも持っている人いるし。でもコレはただの金ではなくて、



桃金。

↑漢字にすると結構なインパクトですわ。

うちのオケで金のフルートを持っている人は「ゴールディ氏」と呼ばれています。かの大フルーティスト、ジェームス・ゴールウェイと掛けているのかな?でもこのピンクゴールドのフルートをもっていたら、




「ピンキー」


と呼ばれるのは間違いないですな。ちょっとかっこ悪いぞ。


余談ですが、銀座の某○野楽器で、○千万円というフルートを見たことあります。大学生のときに店頭に飾ってあったのを見たのですが、

・管体すべて総24金・キーはプラチナ
・頭部管にはルビー、キーにすべてダイヤモンドが埋まっている。

「バブリー」と命名するのが適当かと。


当然、オブジェなんだろうが、実用に耐えうるのかが知りたいところです。
[PR]
by cipher0708 | 2007-12-06 00:00 | 雑談