管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

キミもがんばれ。オレもがんばる。

新宿に用事があっていった折のこと。
最近破綻したN○VAの本校の前で、1人の外国人が立っていました。時間にしてほんの1分ほど。だけど、ものすごく悲しそうな顔をしていました。

前職では外国人雇用をしていたので、僕もなんだか身につまされてしまいました。日本に在住する外国人(母語が英語・フランス語・ドイツ語など)に最も需要があるのが「語学講師」です。上記会社などの英会話学校などのほかに、ALTといって小学校や中学校などに配属されるものもあります。以前はJETといって、各市町村の教育委員会が直接採用していましたが、最近では、民間企業にアウトソーシングするのが主流です。ボクが勤めていた会社もこの「ALT」を派遣していました。ボクは専任の担当ではありませんでしたが、彼らの採用面接や仕事の現場には何度も立ち会ったことがあります。

彼らの共通点は「人と接することが大好き」であること。それぞれの個性はありますが、みんながんばって仕事をしてくれていました。もちろん、日本の文化に不慣れな彼らのこと。問題を起こすこともありますがね。ですが、学校の授業だけでなく、休み時間に子供たちと遊んだりとか、学校の先生と協力して料理教室を開いたりとかいろいろな工夫をしてくれているのです。
英会話学校だってそうです。レッスンのためにいろいろな工夫を凝らす先生はたくさんいるのです。直接の担当はしなかったものの、彼らのいろいろな話や現場の声を聞いて元気をもらったことが一杯あります。

今日たまたまであった外国人スタッフ、本当にレッスンするのが好きだったんだろうなあ。彼の悲しい顔を見ていろんなことを考えてしまいました。実際に彼らを雇用する会社には問題の多いこともまた事実。うちの会社なんて社長がアホなだけあって、むちゃくちゃなことをずいぶん社長にやらされていたしな。さすがBad Companyといわれるだけありますわ(笑)

ボクもその外国人とは似たような状況に陥っています。だけど、負けないで最後には勝とうということだけは決めています。

異国でつらいかもしれないけど、オレもがんばるからもう一踏ん張りしよう。
この国だってそんなに捨てたもんじゃないぞ。


彼らに向かって心の中でエールを送らずにはいられませんでした。
[PR]
by cipher0708 | 2007-10-30 22:51 | 雑談