管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

そっくりさん

ここんとこ、週末はオケの練習やらコンサートのお手伝いやらで、ずいぶんと音楽づいてきています。趣味に没頭できるのはいいことですが、体がまだ100%ぢゃないので、きつく感じることもあります。ま、シアワセなことなんですがねえ。

さてさて、土曜日はホームグラウンドのカメオケの練習日。午前中はコンマスたなけん氏によるヴァイオリンとヴィオラの分奏、午後は本番指揮者の合奏と結構なメニューでした。午前中は午後の練習メニューの予習というか、おさらい。ボクは練習の前に病院へ行っていたので、途中から参加したので、コメントはパス。

午後は合奏。まずは「くるみ割り人形」から。全曲をランスルーしていく。少しずつ形になってきたんじゃないかなあ?序曲はやっぱり怖いところ多数。あと、以外に怖いのが「こんぺいとうの踊り」。譜面は難しくなさそうなんだけど、なんか雰囲気がでないのね。この曲は小編成でヴィオラも前の4人だけが弾く。この日は本来の乗り番が2人しかいなくて、後の2人は代引きで弾いてもらった。特に前プロの代理トップをやってもらったYさんは、この曲に限りチェレスタを担当するので、ヴィオラのパートはノーマークだったのか、指揮者からも「本番の人がそろってからまたやりましょう」とスルーされた。合奏中にクラリネットのT氏に向かって指揮者がいった「ユー○ケ・サンタマリアに似てますね」とのお言葉。確かに似てます。ですがマエストロはその100倍ほど






カン○ング竹△に似ています。


後半の「悲愴」は1.2楽章。今日はヴィオラの人数が少なかったので、1楽章のSoliにつかまっちまう。しまった、通常は人数に物を言わせてごまかしているのがばれてしまっただ。管楽器から失笑を買い、コンマスからは練習終了後に「なんとかせい」といわれてしまう始末。ああ、ごめんなさい。ということで、悲愴に関してはざんげのみ。



あくる日曜日は一週間後に本番を控えた「青山フィルハーモニーOB・OGオーケストラ」の練習。楽器を出してさて練習・・・と思ったところへ、ここの団員でカメオケのびよらトップのE嬢から「聞いたよ~、きのう1楽章撃沈したんだってね~」





なぜ知っている




しかも昨日の録音まですでに聞いているらしい。恐るべき情報収集力。

さてさて、毎回、このオケにトラで出ていて思うことがあります。演奏とは関係ないんだけど。
このオケのコンマス、自民党の福田康夫氏に似てると思うのは僕だけでしょうか。初めてこのオケにのったときから思っていて、初めてお会いしたときには心の中で「官房長官」と呼んでいたのですが、最近になって


「総理大臣」に格上げさせていただきました。(←オレの心の中で)
[PR]
by cipher0708 | 2007-09-30 21:00 | 音楽