管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

つっかれた・・・・

今日は土曜日、楽器の日。前回が分奏だったから、合奏は2週間ぶりね。
今日は本番指揮者の合奏で、前プロのオネーギンとメインの悲愴。

なんか、今日はものすごく集まりがいい。特に最近メンバー数が増えて平均年齢も下がりつつあるヴァイオリン。すでにカメオケ最大与党の座を奪い、勢力拡大をしつつある。対してかつての最大与党だったチェロは今日は少し少なめ(それでも6人いたけど)。

ああ、まるで今の日本の政党勢力の如し。

ヴィオラも今日は8人集結。

最初はオネーギンのワルツから。
だいぶすっきりと通るようになって来たかな。ただ、個人的にどーも3拍子って苦手。苦手というか、乗り難いんだよね。今日も弾いていてなんとなく違和感が。どこがどーっていうのが自分にも説明できないけど、ヴィオラの3大お家芸のひとつ「ワルツの裏打ち」がなんか周りと違う感覚があるの。うーむ。
その後は「ポロネーズ」、これも3拍子の曲なんだけどこっちはしっくりいったかな。特にヴァイオリンは前回の弦分奏の成果が合奏に出てるとほめられていたっけ。

後半は、悲愴の3.4楽章

3楽章、いきなり早くなりました。おかげで、最初は弓が追いつかないわ、指もまわらないわ。1回ランスルーしてなんとか慣れてきた。だけど、転調するところなんかはけっこういい加減だったな。さらいなおしておかなきゃ。オケ全体も弾けなくて止まるなんてことはさすがにないけど、これからの練習は音楽的なことと技術的な精度を上げていくことが課題みたいだ。指揮者も少しずつ音楽的なことに触れだしている。
4楽章。弦の分奏でやったように「とにかく拍に正確にはめる」ことを徹底される。ヴァイオリンとヴィオラが奏でる本当に美しいメロディは、ついついゆがんで弾きがちになる。だって気持ちいいんだもん。だけど、裏には伴奏系でしっかりテンポにあったリズムをしているパートもあるから、それは絶対にダメ。拍にはめた上でespressivoで歌えと。
[PR]
by cipher0708 | 2007-09-22 23:58 | 音楽