管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

弦分奏

土曜日の練習、今日は弦セクションだけでの弦分奏をいつもの亀戸から墨田に移して。
その前の病院が混んでいたために、今日はちょっとだけ遅刻してしまいましただ。

メニューは「悲愴」の3.4楽章を中心にポロネーズやくるみ割り人形をふくめて、本番指揮者の竹山佐藤先生にみっちり見てもらう。先生いわく3楽章のアクセントはベートーヴェンのsfと同じ。常に特別な意味を持たせること。そして、細かい音符は弾けるようになってきたから、あとは音程精度を上げていくように。コーダのクレッシェンドのかけ方なんかも明確な指示が飛びます。また、3連符と16分音符の絡み合いは、3連(=チェロ)をよく聞いて。

4楽章は逆に8分音符単位で音価一杯に丁寧に弾くことを眼目においた。いっせいに「音を切る」アンサンブルにも注力をおいて、繰り返し練習する。特にこの楽章は「感情を移入させるあまりに音符ごとにテンポを変えてしまうことが多い」というのが指揮者の弁。あくまでもテンポの中でしっかりと歌っていくこと。そのためには音価・テンポをまずは守っていくことが大事。なるほどねえ。

残念だったのは参加者が少ないことでした。今日の練習、非常にいい勉強になったんだけどなあ。それをみんなで共有できると、非常によいのですが。
[PR]
by cipher0708 | 2007-09-15 22:43 | 音楽