管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

暑気は払われたのか?

土曜日はカメオケ。本番指揮者のS先生の指導の下、悲愴の3.4楽章とオネーギン。

本日はコンマスとびよらのトップがいなかったが、周りのメンバーもそれをフォローしているみたい。特にこのところ人数が激増しているヴァイオリン(すでに名前のわからん人がいる・・・)のメンバーも少しずつなじんできてるのかな。雰囲気もよさそう。今日はびよらパートにも見学者がきていただけた。楽譜も受け取ってもらえたし、入団の見込みも高そう。

 3楽章のできは、まだまだよね。どーしても勢いだけでいけちゃう曲だけど、指揮者は細かいパッセージの音程やリズムを細かく突っ込んでくる。今回の先生はオケが「イヤだな~」というところをきっちりと突っ込んでくるけど、その対処の方法や練習の仕方が明確なので、1回1回の練習で音が変わってくるのがはっきり見えるのがいい感じ。4楽章は逆にアダージオの楽章なので、歌いまわしを中心に。ああ、やっぱり悲愴っていい曲。特に4楽章の中間部のメロディの美しさはジーン・・・・としてしまいます。自分的には、課題だった「ハイポジションから降りてくる時の音程」がここではクリアできたかな。といっても、ポジションを降りるときのフィンがリングをちょっと替えてみただけなんだけど、これが意外とやりやすいの。合奏中にヴァイオリンの人のフィンがリングを見ていて思いついたんだけど、いがいと使えるぞ。

練習後はカメオケ公式行事「暑気払い」。桶のメンツ約25名が集結。
アンコールの選曲に関して、選曲委員長S氏と会話。え、アンコールは弦だけの曲になる可能性アリ・・・?え~、でも金管だってアンコール吹きたいでしょ(→Sさんはラッパのメイントップ)?

S氏いわく「金管は悲愴だけでおなか一杯だから♪」

まあ、「悲愴」って曲はアンコールに何をつけるかが非常に難しい曲だから、その雰囲気を壊さないようにってのはわかるんだけどさ。

その後は、来年以降の選曲の話題も。以前に比べて弦のメンバーが格段に増えてきたから、今まで「大曲」として避けてきた曲もそろそろ向かい合わないといけないみたいね。え、「物語を語る王妃様」に「妄想」に「ジャイアンツ」ですか?あ~、でも再来年には30回の定演だしねえ。僕は選曲委員ではないので、なんとも言いがたいが、今の亀オケ的に考えるとその辺に行くのはそろそろ必然になりつつあるのかなあ。
[PR]
by cipher0708 | 2007-08-25 19:14 | 音楽