管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

楽器バトン

Q1.あなたのやっている(やっていた)楽器を教えてください。

10歳→12歳:ユーフォニウム(チューバもちょっとやってた)
15歳→18歳:声楽(合唱部でバリトンパートをやってた)
18歳→現在:ヴィオラ

Q2.あなたがその楽器を始めたきっかけは何ですか?
○ユーフォニウム
 小学校の金管バンドクラブで、最初はトランペットをやりたかったんだけど、音が出ずにマウスピースの大きなユーフォニウムにまわされた。

○声楽
 音楽が好きだったので、なんかやりたかったんだけど、学校には吹奏楽部しかなく、バンドは性に合わなかったんで、手軽にはじめられる合唱に入った。2年生のころは学生指揮者もやって、そこで「耳を鍛える」という意味でクラシックを聞き始めた。ちなみに最初に聞いたのはブルックナーの8番でした。今思えば、貸してくれた友人のマニアックぷりに脱帽。

○ヴィオラ
 クラシックを聞き始めたことがきっかけで、オケをやりたいという気持ちがすごい出てきた。
大学入学時にオーケストラ部へ見学に行ったのがきっかけ。最初から弦楽器希望だったんだけど、ヴァイオリンがやりたかったの。そのことを言ったら、「これもヴァイオリンの一種だよ」と触らせてもらった楽器がありました。最初はそれがヴァイオリンだと信じていて、自分が練習している楽器がヴィオラというまったく別物の楽器だと知ったのは、オケ入団1週間後でしたけど、あの深い音色にすでにどっぷりはまっていたので、そのまま続けたんです。

Q3.最も影響を受けたミュージシャンは?
 うーん、オケデビュー曲が「フィンランディア」だったので、シベリウスかな。10年後にこんなに苦労させられるとは思っても見なかったが。

Q4:あなたが楽器を演奏していてよかったなぁと思ったときのことを教えてください。
 やっぱり合奏の楽しさは最高。また、趣味のひとつとしてけっこう珍しがられるかなあ。
まあ、オケという集団の中でいろんなことを勉強させてもらったということは大きい。オケの運営に携わる中で、自分のヒューマンスキルはかなり成長したって勝手に自画自賛してます。
オペラを運営したときは1ヶ月で5kgの体重と30000円の電話代を失ったけど、わがままで人間的に最低な個性的な演出家に振り回されまくったおかげで、多少のことではキレない精神力と問題解決能力は身についたと思っています。
 何より、大切な友達をたくさん作れたことが大きいね。

Q5:もし生まれ変わったらどんな楽器をやってみたいですか?
ハープかな。あの独特の音色と演奏スタイルが「パンがなければケーキをお食べ!」って感じがしますな。

Q6:あなたのメイン楽器パートでソロを弾く(吹く)ときの手癖は?
ブレスを深く取って、いったん目をつぶる。まあ、動揺を悟られないための見栄だが。亀オケメンツはコンチェルト1楽章の練習をかんさつしてくれたまへ。

Q7:楽器の目標
 当面の目標はベルリオーズの「イタリアのハロルド」のソロパートを弾けるようになることかな。
[PR]
by cipher0708 | 2006-02-18 23:48 | 音楽