管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

最近読んでいる本

福井晴敏「亡国のイージス」(講談社文庫・上下巻)を読んでいます。

いや、面白いです。日本推理作家協会賞・日本冒険小説協会大賞・大藪春彦賞のトリプル受賞なだけありますね。おとといから読み始めて、あっという間に上巻が終了。会社帰りに電車のなかで読んでも、続きが気になって近所のモスバーガーにこもって読み続けていました。

 この福井晴敏氏、初めて手にしたのが今年の2月。アメリカへ行く際に飛行機の中で読もうと手にとった「終戦のローレライ」を読んで以来、すっかりとはまってしまっていました。(おかげで、成田→ロサンゼルス間はまったく退屈せず) 

 「亡国のイージス」では海上自衛隊、「ローレライ」では旧日本海軍という舞台をとり、護衛艦や潜水艦の構造をこれでもかとばかり描写しているため、最初は「この人は軍事オタク?」と思いましたが、ありていに書けば興味のない人には退屈極まりないメカニックの描写も、物語を彩る要素として完成させてしまうのがすごいです。左よりの方が書いた、軍事オタク本ではけっしてないですね。

「ローレライ」もめちゃくちゃよかったですが、何しろ長い!(文庫全4巻)
それに、ちょこっとSF的な要素も入っているため、その辺が若干僕好みでないかも。
現在のところは「イージス」の方に軍配をあげるかな。


冒険小説が好きな方は、是非ご一読あれ。おすすめですよ。両作ともに。

だけど、映画はみないつもりです(苦笑)。
[PR]
by cipher0708 | 2005-07-15 22:04 | 読書