管理人CIPHERの日々をだらだらつづった日記です。上の似顔絵は、似顔絵イラストメーカーで作りました


by cipher0708

ダメダメな日。

昨日から今日にかけてのこと。ああ、もうオレってばどーしちゃったんだろうってくらいだめな日でした。

・朝礼でのあいさつ当番。かみかみのぐだぐだ。
・仕事で全然違うソフトをリカバリーした(確認したはずなのに・・・上司にめちゃくちゃ笑われた)
・職場で何げなく言ってしまったオヤジギャグで、その場にいたオヤジ数名を凍りつかせた。
・仕事帰りに喫茶店で読もうと思って楽しみにしていた本を間違えて持ってきた(がっかり)
・仕方なくスコアリーディングしようと思って持ち歩いてた曲のスコアが全く別な曲(マーラーの1番とチャイコのロミジュリをどーして間違えたかな)
・コンビニよって「たけのこの里」を買ったはずなのに、なぜか「きのこの山」だった。(オレは「たけのこ」派」なの)


・・・・そうだ、め○ましテレビの星占い、昨日最悪だったな。




え、オヤジ5人を凍らせたオヤジギャグが聞きたい?




たいしたことじゃないんだけど。パソコンに疎いおじさんが目の前にいる上司と雑談してたの。そのときに「ほら、パソコンにさすあの何とかメモリーってなんだっけ?」って会話があって。

思わず口から出ちゃったんだよ。















愛のメモリー(By Shigeru matsuzaki)
[PR]
# by cipher0708 | 2009-03-18 21:38

すいませ~ん。

ここんところ、更新が滞っています・・・・。

書けるときにかくスタンスですが、こうも更新できないと全世界1000万人の民草読者様が心配すると思いましてね。生きてはおります。ねたもあります。

時間がない・・・。


民よ、しばしまたれよ。
[PR]
# by cipher0708 | 2009-03-10 01:14 | 雑談

実生活で使いたい呪文

昨日mixiで日記を見てたら、こんなランキングが出ていました。

「仕事中に使いたいと思ったドラクエの呪文ランキング」

これ、けっこう今の社会人の願望反映してますねえ。やっぱり第1位はホイミ系。みんな癒されたいんだろうなあ。また営業マン系に多いのが「ルーラ」だそう。ボクも営業やってたときはほしかったもんね。つか、できたらマジで便利だよね。
今の仕事では「バシルーラ」かな。まあいろいろあるんですよ。ふっ飛ばしたいもんが。
あ、あと「ザメハ」!これ絶対役に立つ・・・・って仕事中に寝るなお前は。

仕事以外のときはどうかな。オケの練習のときとか「バイキルト」が役に立つかも。パワー2倍でブルックナーもチャイコもマーラーもなんでもOKっしょ。あと、「ピオリム」とか。難しいパッセージ弾くときに指が回るのが早くなるのは魅力。そうだよな、今日の合奏4楽章で撃沈したしな。
おデートの時には、「マヌーサ」と「メダパニ」と「ラリホー」ってすぐに浮かぶんだけど、おデート相手に幻覚見せたり混乱させたり挙句の果てには眠らせるって最低だなオレって思ったり。それ以前に○年おデートしてないだろとかひとり突っ込みをしてさらにむなしくなったり。

ま、こんな感じで考えるといろいろ面白いんですが。







ときどきリアルにメガンテしたいと思うぼくってやんでるでしょーか。
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-28 22:44

音楽な1日@錦糸町

今日は錦糸町界隈で音楽な一日です。

まずはオケの練習@墨田区家庭センターにて。今日からトレーナーの入ったレッスンになります。本日のトレーナーは代指揮でもおなじみのS先生。今年の秋のシーズンに本番指揮者として3回目の登場していただくことになっています。今日の課題はマーラーの1.2楽章。特に2楽章を中心にみっちりです。今日は全体的に参加者が少ない(ToT)。ヴィオラはたった2人しかいない~。辛いっす。ま、それでも自分の練習になると思って前向きに。

 2楽章はかなり見ていただけた。特にトリオ部分は先生いわく「非常にマーラー的」だとか。先生は弦楽器の専門家ではないので、奏法の部分でのアプローチはないんだけど、本職指揮者の先生の視点から見たアンサンブルやポイントの整理などは非常に有意義な時間になりました。音程とかの面ではまだまだであっても、2楽章と1楽章の流れはかなりよくなったんじゃないでしょうか。自分個人的にも課題の部分をしっかりチェックして、後は個人練習かな。

練習後は飲みに行くメンバーとさよならして、トリフォニーホールへ。マイミクみほたろうさんが所属するフライハイト交響楽団の定期演奏会。チケットありがとうございます>みほたろうさん。

ホールで席を探すと、なんとステージ脇上手側のバルコニー席。指揮者やヴァイオリンの人たちの顔がよく見える席です。音的にはバランスのいいところとはいえないんだけど、これはこれでとても面白いっす。
以下、感想。ただし音のいい席で聞いたわけではないのでちょっと的外れな部分はあるかもです。

個々の力量って言う意味ではスーパープレイヤーがいるオケではないんだけど、非常にアンサンブル能力の高いオケだなってのが第1印象。アンサンブルの難しい曲がそろっているけど、はっきりと「ヤヴァイ!」ってわかるような乱れが一切ないのはすごいと思います。
前プロはスメタナの「売られた花嫁」序曲。これ、好きな曲だけど絶対弾きたくない曲の横綱ですわ。これを「聞かせる」のって相当な冒険。よく取り上げられる曲だけど。緻密なアンサンブルが必要な上に、民族色の色づけをするのはめちゃくちゃ難しいと思う。実際の演奏もアンサンブルはすばらしいのだが、そこだけが精一杯でモーツァルトのような感じ。スメタナ独特のあのスラヴォニックな泥臭さが薄かったのがちょっと残念。

2曲目はバルトークのピアノ協奏曲第3番。バルトークってよく曲知らんのよね。オケコンとかヴィオラ協奏曲くらいだ。ソリストは干野 宜大氏。聞いた感じはコンチェルトとしては複雑な部類にはいるんじゃないかと思ったが、オケはしっかりとまとまって安定した演奏をされている。ソリストの千野氏の音質は硬めではあるけれども音色のパレットは非常に豊かな感じです。あわせるのが難しいコンチェルトなのかな。1楽章・2楽章は安定感はあるもののソリストが指揮者・オケとのアンサンブルに相当神経を使っているのがわかる。それが災いしてか、どうもソリストのメロディの歌い方が中途半端。「こういきたいんだけどなんかこわいな」的な不安感というかが前面に出てしまってたの。3楽章に入ってからはソリストにそこらへんが吹っ切れたか、音色もぐっと豊かになって前2楽章とは別人のようなすばらしい演奏を聞かせてくれた。

メインはチャイコフスキーの4番。演奏しても聴いても大好きな作品です。ある意味これがお目当てで参戦。やっぱりうまいオケだけありますね。テンポは若干速めではあるけど、指揮者の井崎正浩氏の解釈は奇をてらわず正攻法。特にすばらしいのが木管セクション。木管はソリストとしてはそれほどすごいとは思わないのだが(こけたりするところもけっこうあったし)、音程とニュアンスのアンサンブルがうまいせいなのかな、音の溶け合い方が見事というほかはなく、まるで1本の楽器のように聞こえる。全体として細かいアンサンブルがしっかりとしているため、正攻法な解釈(ボクとしてはもう少し泥臭みのある演奏が好きなんだけど)であっても説得力をもって迫ってくる演奏。引き込まれてフィナーレまであっという間。本当に楽しめる演奏でした。

アンコールは「エフゲニー・オネーギン」のワルツ。去年自分のオケでもやったなあ。

【私信】急いでいたのと、最初誰だか思い出せなくってせっかく声をかけていただいたのにおざなりな挨拶になってしまってごめんなさ~い>風鈴さま
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-22 01:15 | 音楽

読書ネタ♪

今日は最近ちょこちょこ書いてる読書ネタ。

本棚を片付けていると、むかーし読んだ本とか買ったままで読んでない本とかがたくさん出てきます。
この前もそんなことをしてて、たまたま読んだ記憶にない本が。暇つぶしに読んでみたらこれが思いのほか面白かったの。

「チャイコフスキー・コンクール」 中村紘子著 中公文庫

国際的なコンクールの中でも最もメジャーなチャイコフスキー国際コンクールのノンフィクションエッセイです。著者は1986年のこのコンクールのピアノ部門の審査員を務め、その時の様子や感じたことなどをつづっています。

著者の中村紘子は日本ピアノ界の大御所(だよね?)のひとりで、知名度もかなり高い。「ピアノ弾きながらカレーを作るおばちゃん」(←古いな・・・・)というとピンと来る人も多いと思います。
一時はエッセイストとしても活躍。僕も1冊読んだけど、正直あまり面白くなかったの。いや、文章はうまいと思ったんだけどそこにふんぷんと漂う「あたくしセレブでございますわよ」臭がどーも鼻についてね。同時期に読んでた同じ苗字の「ショッピングの女王」(*)のほうがずっと面白かったよ。

それはともかく。

「コンクール」の歴史からコンテスタントたちの審査メモにはじまり、コンクールの舞台裏などなどが硬い筆致ではあるけれども、非常に読みやすく書かれています。また、いわゆる「評論家」の文章と違い、全体を通して「演奏者」としての視点がぶれていないので、音楽に対する実感と実体験がその文章からリアルに感じ取れて何らかの形で楽器演奏に関わる人なら、非常に面白いと思います。紹介文や解説にはクラシック音楽の未来を見据えて・・なんて壮大な文言が書いてあるけど、けっこう気楽に読めてためになるエッセイでした。

(*)浪費エッセイで名をはせた中村「うさぎ」ね。
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-18 23:19 | 読書

オケ練習。

土曜日はオケの日。今日は初めて使う墨田区家庭センターというところで練習でした。
・・・つか、墨田区の建物って古いです。この家庭センターも例外にもれず、昭和40年代のにほひをふんぷんと出てます。この区の場合、ある施設に金をかけすぎてほかに手が回らなくなってるって噂。(そりゃパイプオルガン入れたり音響効果から内装からやりたい放題やってるからな、あそこ)

閑話休題。
今日はマーラーの4楽章以外とアルルを合奏。ヴィオラパートは参加人数が少なく、結構苦戦です。マーラーは3楽章から。音は並ぶようになってきてるんだけど、不用意に音を出しちゃうな。自分なりにダイナミックスとかは気を使ってるつもりなんだろうけど、まだPが小さくなりきれてなかったり。周りの音のバランスも考えるけど、意識として常に持ってることが重要だよね。
1楽章は冒頭のフラジオレット。指揮者には高いポジションで弾いてもらったほうが音が安定するからという指示をもらって(というか、低いポジションのフラジオがそれだけひどい音しているってことだろうが)変更できたことがよかったかな。フィナーレ、どうしてもオレはしりがち。周りに合わせる意識をかなりもって弾いているんだけど(ってか、周りもいろんなテンポがあるんだけどさ)、どうも先走りしそうになってちょっとこわい。

アルルの女。第2組曲。
やっぱりビゼーの曲って美しいです。この第2組曲のオーケストレーション自体は他人の手が入っているんだけど、メロディがやっぱりいいですねえ。特にファランドールなんて学生時代から何回もやってるんだけど、楽しいっす。燃えるっす。だからといって力弾きや暴走せずにクールな面を常にもって。ただの暴れん坊音楽にはしたくないです。
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-17 22:54 | 音楽

Mamma Mia!

職場の上司から「代休取ってくれ」といわれて、本日お休み。平日お休みってなんか好き(嫌いな人はいないと思うけど)。そう、周りのみんなが働いている間に好きなことができるっていう優越感。民草よ汗水流して働くがよいパンがなければケーキをお食べ!

 ということで、久しぶりに映画館へ。オリナス錦糸町です。錦糸町で映画といえば「らくてんち」が地元住民にはお約束ですが、2年位前にできたオリナスはショッピングモール+アミューズメント施設+オフィスビルの複合施設。買い物に来たことは何度かあるけど、映画館は初です。

今日見たのはマンマ・ミーア!

大ヒットミュージカルの映画版です。平日なのでお客さんも少なく、開演15分前に入って真ん中後方のいい席が取れました。ここ、普通の映画館と違って当日買いでも全席指定なのがいいですね。

ストーリーはあまりにも有名だし、ネタばれになるので割愛♪

もう、主演のメリル・ストリープが最高によかった~。陽気で、昔の恋の思い出に苦しみ、そして若くして結婚する娘に対する果てしない愛情。そんなドナのいろいろな顔をすばらしい演技で見せてくれる。途中の娘にウェディング・ドレスを着せてあげるシーンなんて本当の母親みたいで涙でましたがな。ストーリーとしてはありがちなので、ともすれば薄くなりがちな内容が、彼女の演技でしっかり深みが入っている。また壁のぼったり屋根から落ちてみたりベッドではねたり海に飛び込んでみたりとハリウッドきっての演技派女優とは思えないほど体を張ってくれています。伸びのある歌唱もすばらしいし、脇を固めるザ・ダイナモスの2人の演技もいい。(歌といえば、前評判どおり旧007氏の歌は微妙だった・・・)

そして、全編に流れる「ABBA」の数々のナンバー。ABBAってデビューが35年以上前なのね。引退が27年前か。そんなに古い世代のグループだとは思ってなかった。。。。その割には楽曲に古臭さをあまり感じない。映画で使われているのは22曲。タイトルにもなっている「マンマ・ミーア」「ギミー・ギミー・ギミー」「チキチータ」「恋のウォータールー」などなど。

 なんといっても圧巻は、前半のハイライトとして歌われる「ダンシング・クイーン」。言うまでもなくう、ABBAの代表作で世界的なヒットになった名曲です。映画ではメリルを中心に大コーラスで歌われるんだけど、最初のピアノのグリッサンドからアドレナリン出まくりますよ、これ。バックを彩るエーゲ海の美しさもたまらんです。

世代が若干はなれていてかつポップスには疎いボクでも知ってる曲がいくつも出てきて気がついたら口ずさんでいたりするくらいだから、今40歳以上のリアルタイムに聞いた世代の人にはたまらんだろうな、これ。実際、みている人は40代以上の女性が多い。

見終わった後はなんか幸せな感じ。僕が見てもそう思うのだから、女性の方は共感できる部分も多いんじゃないかな。

映画館を出る前に立ち読みした(←買えよっ!)パンフレット。その表紙にこの映画のキャッチコピーが出ていました。

「どんなことがあっても、笑っていよう。自分の人生がもっと好きになる」

単純だけどいい言葉です。こんな風に生きていきたいなってすっと思いました。
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-13 21:58 | 日常

読書三昧♪

祝日の今日、何も用事も予定も入れずにやりたいことをやる日にきめてました。

やりたいこと・その1:朝寝
・・・って、それがやりたいのかよ。でもやりたかったんだよ。寝たくないまで寝る。横になりたくなくなるまで寝る。じいやとばあやに「起こしてはならぬ」と厳命し、布団の中で朝寝を楽しんで起きたら昼前。

やりたいこと・その2:お店でランチ
・・・って、ふだんやってねーのかよ。ええ、会社の周りはお店がないんですよ。お昼は仕出しのお弁当かコンビニめしですから。たまにはお昼に美味しいものを食べようとあっちうろうろこっちうろうろ。ああ、あれもいいこれもいいって迷ってたらめんどくさくなって、結局はD&C(*)のお店に入ったことに激しく後悔。でもいいや、うまかったし。

やりたかったこと・その3:読書
これが今回のメイン。喫茶店で美味しいコーヒーとともに。お店は亀戸にある「侍」。ロッキングチェアで本当においしいコーヒーが楽しめる地元の有名店です。ここで読んだのがこの1冊。

・「邪馬台国の秘密」 高木 彬光著 光文社文庫

推理小説の大家・高木氏の歴史ミステリー。日本古代史の謎のひとつ、「邪馬台国」はどこにあったのか、また女王・卑弥呼は誰だったのか?名探偵・神津恭介があくまでも「魏志倭人伝」の文章を元に推理していくという話です。もちろん周辺その他の文献を参照しています。今まで数多くあった邪馬台国に関する論考。どうしても専門的な内容になりがちだが、あくまでも「小説」という形をとってはいるが、逆にそれがボクみたいなしろーとにはわかりやすくかつ説得力のある論考になっています。その論証に対する評価にはいろいろあるみたいですが。

久しぶりにリフレッシュです。

そうそう、これかいてる今、レッドカーペットを見てるんですが、「こまつ」、すごいっすね。右手でラッパ吹きながら左手でキーボード伴奏するあの人。たいていこの手のヤツって手元移さなかったり、それ以前に絶対吹きマネだろってのが多いけど、この人少なくともアンブシュアとか見る限り本当に吹いてるでしょ?キーボードは少なくても本当に弾いてるし。それに関係ない曲を自然につなげるセンスはすごいと思う。「大笑」じゃなくて「大拍手」ですわ。


(*)D&C:「安い・早い・うまい」のあのお店。今ではホールディングスになってこの名前は使っていないそうな。
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-11 22:45 | 読書

ああ、やばい~。

ああっ、寝不足です。やばいです。

・・・といっても別に仕事がめちゃくちゃ忙しいわけでもなし(忙しいけどさ)、オケの仕事が立て込んでるわけでもなし、試験が近いから勉強してるわけでもなし。

きっかけはこの前会った某マイミク氏からもらったCD。windows 上で動かせるゲームが入っているのだが。その中にはいってたの。 ドラクエの3番目。




ああっ、やばい!すでに気持ちは冒険の旅に飛んでます。仕事してても疲れたら「ホイミ!」とか唱えそうでこわいっす。

今週は祝日もあるし、休日出勤の代休ももらってるので、ボクは週休4日のぜーたくな週なの。代休決まったときからどこへ行こうかとか考えていたんだが。
すでに予定確定。


キミのおかげで引きこもり1匹着々と完成してます。マジで。>ぷれりゅーど氏
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-09 21:21 | 日常

オケと焼肉とカラオケ

・・・って、やったこと羅列してるだけですね>タイトル


土曜日はオケ。今日は本番指揮者S先生の指揮でマーラーだけの練習。
まずは4楽章。ほかの楽章に比べて圧倒的に長いし、めちゃくちゃ難しい。弦はまだまだ譜読みの段階レベル。マーラーという人はなんだかんだ曲に注釈を付けるんだけどそれを取っ払ってまずは基本的なことをしっかりやりましょうと。音程やリズム、音の長さとか本当に基本的なこと。
4楽章で1番怖いのが例のあそこ。

「びよら!!」なあれです。

最初の1発は指揮者がザッツを出してくれるのだけど、問題はそこから。同じ音形でも入りのタイミングが全部違うので、まじでこわいっす。
 余談だけど、この2週間楽器を調整に出していたの。この日に戻ってきたんだけど、音の鳴りがものすごくよくなってびっくり。やっぱり定期的なメンテナンスが大事よね。毛替えは半年に1回してるけど、楽器の調整なんて1年以上してなかったから。今の楽器と付き合い始めてすでに12年。まだまだいけるってことね。ごめんよ、これからもっとお前を大事にするよ、ジェニー。
 練習後はヴィオラのメンツが集まって飲み会。いわゆる「びよら会」です。お店は亀戸の「肉稀組」というホルモン屋。僕は個人的にホルモンって苦手。だって内臓だし・・・。だけど、ここは普通の焼肉もあって、それがものすごい美味しいの。ナムルもキムチもユッケも絶品でございました。

・びよら会、富士急ハイランドツアーはやめようよ。
・FUJIYAMAの前では、泣いて抵抗するから。いや、マジで。
・大観覧車も同様。

2次会は久しぶりにカラオケへ。Iさんの「リバーサイド・ホテル」

ちょっとときめいたかも(おい)
[PR]
# by cipher0708 | 2009-02-09 21:03